平治岳ミヤマキリシマ 2012年6月7日2012年06月12日

今日は、山頂がピンク色に染まっていた平治岳に登ります♪ 大船山から周回する予定でしたが、見頃を迎えているミヤマキリシマをのんびり楽しむことにして、法華院温泉山荘で朝食を頂いた後、直接平治岳に向かいました。

【コースタイム】法華院温泉山荘7:45~9:09大戸越9:35~10:11平治岳南峰~10:34平治岳(昼食)11:00~北尾根先端
~11:32平治岳~12:20大戸越12:35~13:30坊ガツル~(九州自然歩道)~14:37雨ヶ池~15:43長者原(くじゅう登山口)

                    5:15 起床 6:02 北大船山の稜線からご来光が昇る
                    6:30 朝食 (朝食抜きで早出する人も多いようです)

                   7:45 法華院温泉山荘を出発、靄がかかり薄曇りで涼しい
                  皆元気いっぱい!昨夜は左別棟2階の右角部屋に泊った
                 
 

                     しばらく車道を歩き、坊ガツルキャンプ場に向かう
                     左の山が、これから登る平治岳(ひいじだけ)です

                    坊ガツル湿原にある木道と、サワオグルマの群生♪
                    今日は泥濘道を歩くのでレインスパッツを付けてます

                       サワオグルマ・・キク科のきれいな花です

                  鳴子川の橋を渡る。上流側に「玖珠川源流」の標識があった
                  ※帰路は鞍部の雨ヶ池越に登り、雨ヶ池から長者春に下る

          坊ガツルキャンプ場のテントは疎ら、登山道も時々人に出逢うくらいで静かな山歩き♪
          白口岳(左)、中岳、間の低山が立中山、昨日は右端の谷を下り法華院温泉に着いた

            8:05 大船山・平治岳の分岐、しばらく続く平坦な樹林の道は薄暗くて気味が悪い
            梅雨の時期はとんでもない泥濘道になっていて、滑らないように気を付けて歩く
                    

                 一人一石運動の石積み・・泥濘の登山道に石を運んで置きます
                 吉部からの道と合流、ここから泥濘と木の根が滑る急坂を登る

             9:09 大戸越(うとんごし)、広場になっていて沢山の登山者が休憩しておられる
             平治岳南峰の斜面がミヤマキリシマのピンク色に染まり~感動の一瞬~☆
                  ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます

              9:35 大戸越出発、満開のミヤマキリシマの間に、登り専用登山道がある
              私達が到着した頃から青空が見え始め、既に下山の登山者は残念そう

                        枝先いっぱいに花を付けるミヤマキリシマ

                     花の色も多彩で、サーモンピンク色は初めて見た

                花の小道、中央上がちょっとした鎖場のある岩場で、右上が南峰
                何度も足を止めて写真を撮るので、友人2人は先に行ってしまった         

                     ミヤマキリシマの斜面と大戸越の広場を見下ろす

                     
                   思ったより急な斜面が続き、ほんの少し鎖の岩場もある
       
              

                     振り返れば、北大船山(きたたいせんざん 1,706m)

                         蕾と花がいっぱい・・・メチャきれい~

                  10:11 平治岳南峰に到着、坊ガツル、中岳、硫黄山、三俣山
                  

                  北側に平治岳本峰、北の稜線と南西斜面はピンクの絨毯 

                   南峰は狭いので休憩せず、火口跡を通り本峰に向かう
                   この辺りは風が弱いのか背丈ほどの花のトンネルです

                 本峰登り道はミヤマキリシマの生垣、5分咲きでとてもきれい!

                  鮮やかな赤紫色、淡いピンク色など色彩豊かな花の絨毯

                             濃い赤紫色の花と蕾

                    山頂直前、束ねたように丸く集まったミヤマキリシマ

                      10:39 平治岳(ひいじだけ 1642.8m)に到着
                      展望を楽しみながら山荘のお弁当を食べる

                   11:00 平治岳北尾根を花の先端部分まで下る事にする
                   ヘリコプターからビデオ撮影をしていたので手を振った

                    11:18 北尾根の先端から坊ガツルと濃淡の花の斜面
                    ※道は悪いが、このまま下ると吉部登山口に行ける

                   山頂がピンクの平治岳南峰、左に続く道を歩いて来た
                   後方の台地は北大船山、大船山もちょっぴり頭を出す

                       平治岳南斜面は、芝桜を思わす花の絨毯

                  11:24 同じ道を戻り本峰へ、南峰からは下り専用の道を通る
                  人が多くなり時々渋滞も^^; 一ヶ所だけ白いミヤマキリシマ

                 12:20 大戸越でミヤマキリシマに名残を惜しんだ後、同じ道を下る
                 これから登る人もいて、平治岳は早朝から夕方まで大賑わい(^^♪

               平坦な道の途中、星生山北東側山腹と硫黄山から上がる噴煙が見えた
               右下の堰堤がある谷は、昨日北千里浜から法華院温泉に下った道です

                  13:30 坊ガツルキャンプ場、ハルリンドウが花を開いている

                   キャンプ場からピンク色に染まる平治岳の南峰と本峰
                   右の鞍部が大戸越で、下の樹林帯に泥濘の道がある

                  北大船山と大船山(たいせんざん 1787.1m)、次は登るよ!
                  キャンプ場の水が冷たくて美味しいのでベットボトルに補給

13:50 坊ガツルを出発、バスの時間もあるので真面目に歩く。13:56 吉部・長者原分岐からは九州自然歩道を行く
数組の団体と相前後するが静かな道です。14:37 雨ヶ池(写真)、この後も思ったより長い道のりを黙々と歩いた^^;

15:43 長者原に到着、バスの時間まで25分あったのでホッとする。タデ原の向こうに星生山と硫黄山が見える

【行程】 6/7 くじゅう登山口16:12(亀の井バス)→17:05湯布院駅前バスセンター(徒歩5分)~ゆふいん山水館泊

部屋は6階で、窓から由布岳がどーんと見える!温泉に入り6時半から「木綿郷」で夕食、今夜も地ビールで乾杯♪
ミヤマキリシマのピンク色の絨毯を眺めることが出来て、九重連山の山旅は大成功~☆だが明日は雨の予報です

【行程】 6/8 由布院観光(昼食)、湯布院バスセンター14:46(亀の井バス)→15:21別府駅西口(夕食)
     (亀の井バス)→別府観光港19:35(さんふらわあ こばると)→ 6/9 7:35大阪南港

大分は梅雨入りして本降りの雨、由布岳登山は中止です。焼き立てパンと和風バイキングの朝食をゆっくり食べる

                  雨の中、湯布院観光と土産物店巡りをしたがもう一つ^^;
                  ホテルのロビーで地ビールを飲み、バスの時間を待った

                  JR別府駅西口の観光案内所でお鮨の美味しい店を聞くと
                  16時に開店していて徒歩圏内の「大和田鮨」を紹介された

                     右上の関アジが絶品、美味しくて皆が満足です
                     今度来る時はもっとゆっくりしたいお店でした♪

帰りはフェリーのお風呂を初体験、サッカーWカップアジア最終予選のヨルダン戦をテレビで観戦して過ごす。
日本が「6-0」で快勝、気分よく4人部屋の個室で眠りにつく。フェリーの旅も良いなあ!と思った九州の山旅でした♪

コメント

_ 山休 ― 2012-08-17 23:37

chikaさんこんばんは!
初日のレポを見て頂きありがとうございます。
剣吊(中沢岳)への登り返しはきつかったですが
ご褒美の展望は最高でしたよ!

二日目の唐沢岳へは当初予定していなかったのですが
小屋の方に是非行ってくださいと勧められました。
唐沢岳は展望とコマクサの群生がすばらしく
往復5時間20分以上の値打ちがあった次第です。

はいその日に中房温泉に下山し、帰宅は夜中でした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック