東北の旅 岩手山 2017年6月26日2017年06月26日

今年の夏山は、女友達5人で東北の山々を歩き、花を愛でる旅です。1月に山岳ガイドさんを、4日間依頼しました。
行先は、秋田駒ヶ岳・八幡平・早池峰山を希望し、お天気と花の開花情報を見ながら、当日に登る山を決めます。
幸いにも4日間お天気に恵まれて、楽しい山旅が出来ました。宿泊地は八幡平温泉郷に2泊、安比高原に1泊です。

【行程】 6/25 京都駅19:32(ひかり534号)→22:10東京駅八重洲南口23:10(ドリーム盛岡1号)→6/26 7:35盛岡駅東口

                   ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                         岩手山焼走りコースのコマクサ

                               シラネアオイ

【コースタイム】 6/26 ☁のち☀ 参加者 Fさん Kさん Sさん Mさん 合計5人
JR盛岡駅7:30(ガイドさんの車)→焼走り登山口(P)8:50~11:35第一噴出口跡~12:45ツルハシノ別レ(五合目 昼食)
13:05~13:50引き返す~14:55第一噴出口跡~17:25焼走り登山口→18:00八幡平温泉郷 八幡平ハイツ(2連泊)

7:30 盛岡駅でガイドさんと集合、夜行バスで来たので、八幡平を散策する予定だったが、雨が降っているらしい^^;
雨の予備日は、岩手山のシラネアオイを見に行く事にしていました。焼走りコースの途中まで、ピストンで歩きます。
8:50 トイレと準備体操をしてから焼走り登山口を出発、登山道は少し濡れているが、雨はあがっていて良かったです

     焼走り溶岩流を左に見ながら、ミズナラの樹林帯を登る。しばらくすると日が差してきて、新緑が美しい

       林床に咲くヨツバムグラ、イチヤクソウとアマドコロも咲いていた。木陰は涼しくて快適

                            タニウツギの花は大きい

         11:05 第二噴出口跡、焼走り溶岩流は、1732年に4つの噴出口から流れ出たそうだ

                   ベニバナイチヤクソウ、まだ蕾だが見られてラッキー♪

                       ベニバナイチヤクソウ、一輪だけ開花

                             ミヤマハンショウヅル



    途中で、昨日岩手山八合目避難小屋に泊まり、今朝焼走りコースを下山されている団体と出会う
    皆さん大変そうなので不思議だったが、帰り道に私達もなるほど・・と納得した。マイヅルソウの花

                 11:35 第一噴出口跡、岩手山にかかる雲が少しずつとれてきた

山麓の自衛隊岩手駐屯地から、大きな空砲音が何度か聞こえてきてびっくりする!7月にマラソン大会が開催される

                    樹林帯のあちこちに、マイヅルソウが群生している

    しばらくすると樹林帯を抜けて、登山道は右へトラバースする。左上の斜面にコマクサがいっぱい(^^♪

                                 タカネスミレ

       直射日光が暑いし、火山砂礫の道は歩きにくい^^; コマクサは咲き始めたばかりで蕾も多い

  ハクサンチドリもいっぱい咲いている♪ 最近、火山礫の斜面に灌木が浸食してきて、問題になっているようだ

                        咲き始めたばかりのハクサンチドリ

                   12:35 樹林帯に戻りホッとする。ツバメオモトの咲き残り

                    大きなダケカンバ、爽やかなお天気で木陰は涼しい

12:45 ツルハシで昼食、ここは五合目で上坊コースとの合流点です。虫がいなくて安心していたら、噛まれてしまった

         13:05 出発、ここから急登が始まる! しばらくすると両側の斜面にシラネアオイが群生

                               ミヤマスミレ

                        スダヤクシュ・・・漢方薬になるそうだ

                           咲き始めのミヤマカラマツ

            大きなダケカンバの根っこ、4日間お世話になった優しいが頼もしいガイドさん

             シラネアオイは、先週が見頃だったようだ。雪融けの遅い所には蕾がある

                   ミドリユキザサ・・・咲いていたのはここだけで蕾が多い

13:50 シラネアオイ街道が続くが、そろそろ引き返す。焼走りコースは下山者が多く、日帰り登山者が下りてこられる

下側の斜面にも、シラネアオイが咲いている。シラカンバに対し、樹皮がむけるのがダケカンバで、よく燃えるそうだ

 コマクサ群生地の終わり、火山砂礫の広い道は、植生保護の為にロープが張ってある。右奥に姫神山が見える

14:55 第一噴出口跡、山麓の黒い所が焼走り溶岩流で、緑が自衛隊駐屯地、岩手山は晴れたても早池峰は雲の中

      岩手山の火口壁が見える。ここから延々下る事2時間半、元気な友人たちはお喋りに夢中です

  17:25 焼走り登山口の自然観察路から、焼走り溶岩流と岩手山(2,038m) 駐車場で整理体操をして車に乗る

  18:00 ホテルに到着、単純硫黄泉の温泉で疲れを癒し、19:00 夕食、さすがに寝不足で皆さん直ぐに就寝~☆

初日は簡単に散策の予定が、8時間半も歩いてとても疲れました。明日は快晴の予報なので早々に寝ます(*^_^*)
岩手山のコマクサとシラネアオイが見られてラッキー♪ 宿泊地が同じだと、行先変更が可能なのでこれは正解です


コメント

_ しーちゃん ― 2017-07-06 16:23

chikaさん、東北の旅1日目を拝見しました。
前日夜から翌朝へ、スムーズに移動されて、旅慣れておられますね。

お天気もよくて高山植物にも出会われて幸先よいですね。コマクサがかわいいですね。
いきなり8時間の歩きで、お疲れ様でした。

_ 摩耶山さん歩 ― 2017-07-07 09:25

東北 行ってこられたんですね。
いやぁ すばらしい 花、花ですね。
ガイドさん同行だと 安心ですね。
まったく知らない 山域なので、興味津々拝見しました。
ありがとうございました。
しかし 初日 8時間!
すばらしい★ (^◇^)

_ chika ― 2017-07-07 23:43

しーちゃん、こんばんわ
東京からだと、各方面に夜行バスが出ていてとても便利なんです。
私は旅の計画を立てるのが好きで、そこからもう楽しみが始まっています(^^♪

朝には雨も上がっていて、コマクサとシラネアオイに出逢えて嬉しかったです。
登りのコースタイムが3時間ですから、超スローペースの登山ですね。
地元のガイドさんなので、いろいろ教えて貰って、興味深かったです。

_ chika ― 2017-07-07 23:52

てるみさん、こんばんわ
よくツアーで見かける、岩手県の百名山3座に、秋田駒ヶ岳を加えて歩きました。
・・・と言っても、全部の山頂は踏んでいないので、花が目的の山歩きです(*^_^*)

地元のガイドさんの案内で、ゆっくり歩けたので、私達には最適の山旅です。
登山口までの公共交通機関が少ないので、ガイドさんの送迎は本当に助かりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック