イタリア大周遊(2) ミラノ 2018年5月15日2018年05月15日

2日目は、イタリア第2の都市ミラノを観光します。世界第2の広さを持つドゥオモを見るのが楽しみです(^^♪

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                         今日の1枚・・・ミラノ大聖堂(ドゥオモ)

【行程】 火曜日 ☀と☁ 朝の気温は12℃ 寒い
7:30起床 8:00朝食 ホテル9:30(バス)→車窓観光→10:25スカラ座(ドゥオモまで徒歩で観光)11:00→11:10土産物店
11:40→11:45レストランで昼食12:45→13:10スカラ座(2時間自由行動 ドゥオモ入場など)15:10→19:30パドヴァ
(レストランで夕食)20:30→20:50パドヴァホテル(11時頃就寝)

         昨日は29時間も起きていた計算になる? 7:30のモーニングコールで飛び起きる!
         8時前、12階の部屋の窓から眺めると、ミラノ中心部に向かう道路は大渋滞している

   8:00 朝食 出発は9:30なので、ゆっくりできた。ファッションとデザインの街、ロビーのソファーもお洒落です

         ヨーロッパのホテルは、ロビーが0階です。私の部屋は12階なので、日本なら13階になる

9:30 ホテルを出発、ナポリから来たバスで運転手はマリオさん、座席は1人だったり2人だったり、前後は交代制です

              9:30 ホテルを出発、ミラノはイタリア北部、ロンバルディア州にある大都市

                             旧市街地を車窓観光

                              スフォルツェスコ城

                 公共レンタル自転車サービス (バイクミー) が各所にあります

                 旧市街は駐車場がないので大変ですね。線のある所が駐車OK

                       下はアーケードとお店、上はホテルかな?

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
10:25 スカラ座付近でバスを下車します。1778年完成のオペラ劇場、2004年大改装・・・ここから簡単な観光案内散策

    トラムを挟んで向かい側が、レオナルド・ダ・ヴィンチ像がある広場、午後の自由行動の集合場所です

               像の奥に、ヴィットリオエマニュエーレ二世ガレリアのスカラ座側入り口

   ガレリアは、1878年に完成した十字型の巨大なショッピングアーケードで、通りはアールヌーボー様式です

                          テラスでカフェ・・・いいなあ~

                   ガラス張りのドーム型天井の壁面にフレスコ画がある

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                        4大陸を表したフレスコ画・・・アフリカ

                                  アジア

                                 アメリカ

                                 ヨーロッパ

          ドーム型天井の下に、プラダ本店・・・10:30と早い時間なのでお客さんはまだ居ない

                   床のモザイクは、イタリア各州の紋章が描かれている

                     現地ガイドさんに、州名を聞いた筈が忘れました

                     最後の一つは、自由時間に写しています(*^_^*)

                         ガレリアのドゥオモ広場側の入口

ドゥオモ広場・・・1861年イタリア王国初代国王、ヴィットリオエマニュエーレ二世の像がある。Mはメトロに下りる階段

     そして、念願のミラノのドゥオモです。寒いので薄手のダウンを羽織っています。コート姿の人も多い

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                 中央奥に、「マドンニーナ」の黄金のマリア像が見える (108.5m)

   ドゥオモは午後に又来ます。帰り道、フェラーリのお店があり、中を覗くと車を運転する体験をしていました

11:00 スカラ座に戻る。前を走るトラム・・・トラムはいろんな車両があって、この黄色いレトロな車両が私は好きです

  バスでツアー恒例のお土産物店に寄った後、レストランで昼食、サフランのリゾット、ミラノ風カツ、パンナコッタ
  トスカーナ州のキャンティワイン、ハーフボトル(16ユーロ)を2人で頼んだ。美味しかったが飲みきれず持ち帰る

     レストランを出ると、観光の2階建てバスが走っていた。手を振ったら、若いカップルが答えてくれた♪

バスに乗ってスカラ座に戻ります。車窓からおもしろい建物が見える。垂直の森と言う緑の高層マンションだそうです

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
13:10 スカラ座前から2時間の自由時間、さっそくドゥオモに行く。少し晴れてきたので大理石の外壁が美しいです。
ミラノ大聖堂は、1386年に着工、戦争などで工事は中断し、1813年イタリアに侵攻したナポレオンの命令で完成した
イタリア最大のゴシック建築で、135本の尖塔と2245体の彫像がある。エレベーターなどで屋上テラスにも行けます。

  正面の入口にある5枚の大扉には、「聖堂の歴史」 「ミラノの歴史」 「マリアの生涯」などが浮き彫りされている

ドゥオモ正面部分「ファサード」・・・ピエモンテ州カンドリア産の白大理石が使われているそうで、細かい装飾も美しい   

今日はドゥオモに入場したいので、右側にあるチケット売り場に急ぎます。情報では順番待ちでとても時間がかかり、
買えないこともあるそうです。添乗員さんの案内で、皆さんは自動券売機でクレジット購入していますが難しそう?

私は窓口らしき所が空いていたので、3ユーロの入場チケットを買いました。本当はドゥオモの屋上に行ける16ユーロ
のチケットを買いたかったのですが、エレベーターの順番待ちに時間がかかるので、添乗員さんに止められました。

意外に早くチケットが買えて、セキュリティチェックの列に並びます。柵があるのに何と今日はガラガラです!
右に「ファースト・トラック」のチケット売り場を見つけました。直前に始まったシステムで、22ユーロでエレベーターに
時間指定で優先的に乗れるそうです。ドゥオモ入場も優先でした。もっと早く気が付けばよかったけど仕方ないです。

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
空いていても、入場のセキュリティチェックは厳しくて、15分くらいかかりました。この間にゆっくり外壁が見られます♪

                 一つ一つの人物や装飾を見ていても、飽きることがありません

                    入場した大扉の、青銅の彫刻・・・とても立体的です

           13:50 ドゥオモに入場、感動の一瞬です・・・今まで見てきた教会とスケールが違う!

                   建物を支える巨大な柱と、美しいアーチに圧倒される

                  15~16世紀に作られたステンドグラス(一部は19~20世紀)

                         上部のアーチの窓にもステンドグラス

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
         聖堂内部は3ヶ所から内陣を見られる。中央上の白い布地の奥に十字架のキリストが見える

       13世紀末期に作られた中央大窓、真ん中に輝く太陽、周りをヴィスコンティ家の家紋が囲む

                      内陣に一番近い所、中央部に大祭壇がある

                       ティブリオ・・・4本の柱に支えられた円天井

                  太陽の光が透けて、ステンドグラスが一段と綺麗に見える

           天井のアーチ、きれいな装飾に見えるが、これもしっかりと天井を支えているそうだ

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
               内陣の裏側から振り返る。柱の上にも人物の彫刻と装飾がしてある

                    中央の大窓のステンドグラスは、大きくて見事です

                   よく見ると一つ一つの枠に人物と名前らしき文字がある

ミラノの守護聖人、聖カルロ・ボロメオの霊廟の遺骸を収めた地下納骨堂、豪華な装飾でしたが、撮影は不可です

 聖バルトロマイ像・・・殉教の際に生きたまま皮を剥がされ、剥いだ皮膚を肩越しに体に巻きつけた姿、怖いです

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
    内陣の前の椅子に座ってしばらく雰囲気を楽しむ。中央は扉のある2台のパイプオルガン(15~16世紀)

                         聖人のお墓がたくさんありました

                          柱の大きさと手触りを感じる

  14:45 集合時間があるので退場、「聖母マリアの生涯」をテーマにした青銅の大扉、1908年に作られたそうです

                          正面中央の扉・・・大きさが判ります

広場には鳩がいっぱい、朝に比べて人もいっぱい、今回のツアーで注意されていた物売りの人もいて何度か・・No!

     ガレリアの中央部、牡牛のモザイク画の急所にかかとをつけて、くるっと回ると幸運が来るそうです

     15:10 スカラ座付近でバスに乗り、今夜のホテルがあるパドヴァに行きます。ミラノの車窓風景

                        歴史ある建物で、普通に生活されている

             17:15通過、ヴェネト州の丘陵地帯は、ソアーヴェと言う白ワインの産地です

19:30 パドヴァ到着、ヨーロッパ最古の大学の一つパドヴァ大学がある。旧市街もいい感じです。雨が降ったみたい

レストランで夕食、静かでおしゃれな所です。ツアーの食事は4人席が多く、いろんな方とお話が出来て良かったです

白ワインのハーフ(6ユーロ)を3人でシェア、少し発泡系の美味しいワインで、前菜の生ハムも美味しいし、今夜は◎

           クリームソースのリガトーニ? こしがあって美味しかった。デザートはベリーのタルト

20:50 パドヴァのホテル、フォーポインツバイシェラトンに到着、ケネディ一家、ジャン=ポール・ベルモンドなどの写真

    部屋は1F、オレンジが基調の休まるお部屋です。一人参加なので、お風呂もゆっくり入れて快適(*^_^*)

2時間の自由時間では無理だと、添乗員さんに言われていたドゥオモに、意外に簡単に入場が出来て、1時間近くも
見て回れたのはとてもラッキーでした。1人参加の相方さん(仮にAさんとします)は、教会で静かに座っているのが
好きだそうで、私も良かったです。参加者の方はお買い物をされたり、散策したりといろいろでした。

コメント

_ しーちゃん ― 2018-06-07 09:21

chikaさん、1日目のレポート拝見しました。

ドゥオモは、135本の尖塔と2245体の彫像!
圧倒される迫力と精巧な彫刻を観られましたね。
地震が起きたら・・と要らん心配しました。

お写真のアングルもお上手です。
レポートありがとうございます。

_ chika ― 2018-06-07 20:19

しーちゃん、こんばんわ
続いてレポート見てくださってありがとうございます。
イタリアも地震が多い国だと思いますが、どうでしょう?
太い柱と天井のアーチが建物を支えているそうですね。
それで外壁に美しいステンドグラスのはめ込みができます。

しーちゃんは、毎日お孫さんのお世話で大変なのに、手料理も頑張っておられますね。
もともと器用な方なんだと思います。
私も若い頃は作っていたのに、つい面倒になります^^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック