イタリア大周遊(4) フィレンツェ 2018年5月17日2018年05月17日

4日目は、午前はフィレンツェ、午後はピサを観光し、フィレンツェのホテルに連泊です。レポートは2部構成にします。
午前は、ウフィッツィ美術館を見学してから、フィレンツェの旧市街を散策、たくさんの名画を見られるのが楽しみ~♪

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
           今日は2枚・・・サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(花の聖母教会) ファサード

                    サン・ジョヴァンニ洗礼堂、クーボラ、ジョットの鐘楼

【行程】 木曜日 ☀のち☁ 午前中は爽やかな晴天に恵まれた。夕方ピサで一時小雨、傘は要らない程度
6:15 起床 7:00 朝食 8:00 ホテル出発(バス)→8:30サン・ニッコロ堰前で下車~8:40革製品の店で買い物9:20~
9:35ウフィッツイ美術館10:00~美術館見学~11:45~旧市街散策~12:30昼食・中華料理13:15~14:05(バス)→
14:15ミケランジェロ広場(展望)14:30→16:10ピサ駐車場~ピサ観光~18:00レストランで夕食19:00~19:20ピサ(P)→
8:30フィレンツェホテル ニル連泊(10:30就寝)

朝は毎日モーニングコールで目覚める。バスの出発まで時間がゆっくりあるのでのんびりできてうれしい(*^_^*)
8:00 出発、ホテルの前は紅白のバラが満開で、オリーブも花を付けている。旧市街からは少し離れるが静かです。

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   8:30 サン・ニッコロ堰 アルノ川の横の道でバスを降りる

      8:40~9:20 革製品の店でお買い物 その後現地ガイドさんと合流して細い路地の旧市街を歩く

シニョりーア広場 中央にコジモ一世の騎馬像があり、沢山の彫像も並んでいる。近くにマーブル紙のお店を発見♪

9:35 ウフィッツイ美術館に到着、団体予約でスムーズに入場できたが、セキュリティチェックがあり、時間がかかる!
  建物は1560年に、メディチ家のコジモ一世により、建築家のヴァザーリが、トスカーナ大公国の行政事務所
  (ウフィッツイ)として建てた。1765年、公式に美術館として開館、約4,800点を所蔵し、約2,000点を公開している

      10:00 大きな階段を上がり、3階の展示室に行く。第一廊下・・・廊下の横に展示室が並んでいる

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                             第一廊下天井の絵画

ここでは2グループ、18人に分かれて現地ガイドさんの説明を聞きます。日本人ガイドさんの機転で、初めの部屋が
混んでいたので、少しだけ飛ばされました。そのおかげで、見たい絵をゆっくり観賞出来たので良かったです(*^_^*)
                  中世の聖母像3点・・・チマブーエの「荘厳の聖母 マエスタ」

                            ジョットの「荘厳の聖母」

                          リッピの「聖母子と二人の天使」

                 「七元徳」・・・左端がボッティチェリが25歳の時に書いた「剛毅」

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                         ボッティチェリの「春(プリマヴェーラ)」

                         ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」

                         ボッティチェリの「マニフィカトの聖母」

                          ボッティチェリの「ザクロの聖母」

 ボッティチェリの「パラスとケンタウロス」 ※掲載しないが晩年の作品「誹謗」は、痩せこけた人物群で意外だった

              八角形の形をした第18室「トリブーナ、メディチ家の秀作コレクション」

               立ち入り禁止なので、入口から覗いただけですが、素敵な部屋です

              第二廊下から、アルノ川の向こうに小高い丘、ミケランジェロ広場が見える

                第二廊下の天井、金色に6つのボールは、メディチ家の紋章です

                      ウフィッツイ広場、ヴェッキオ宮とクーボラ

                            アルノ川とヴェッキオ橋

メディチ家最後の大公の姉アンナの肖像画、すべての美術品を、永久にフィレンツェから持ち出さないと言う約束で
トスカーナ大公国に寄贈、彼女のお蔭で美術品が残る。下の扉は、ヴァザーリの回廊の入口で ピッティ宮に続く。

                 第三廊下、各廊下にも彫像と肖像画がいっぱい展示されている

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                            ミケランジェロの「聖家族」

                テラスに出ると、のんびりカフェタイムや休憩されている人がいる

                           美術館の隣がヴェッキオ宮

             新展示室が出来ていて移動・・・狭い廊下に展示されていたヴィーナスの像

        ブロンズィーノの「エレオノーラ・ディ・トレドと息子ジョヴァンニ」・・・コジモ一世の妻と息子

  ブロンズィーノの「ビア・ディ・メディチの肖像」・・・コジモ一世の娘 ※上とこの肖像画は、私のお気に入りです

                      ブロンズィーノの「コジモ・ディ・メディチの肖像」

                           ラファエロの「ヒワ鳥の聖母」

                  ラファエロの「自画像」・・・カタログには作者は推定とある

               師匠ヴェロッキオと弟子レオナルド・ダ・ヴィンチの「キリストの洗礼」

  レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたとされる2人の天使・・・小学生の頃に画集を見て感動したのを記憶している

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                        レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」

      修復作業が終わり、明るい色調と細部の明白さが復元され、より明快な遠近感が取り戻された

 これも画集で見ていたが、色彩の鮮やかさに驚く。運良く場内が空いていたのでゆっくり観賞することが出来た

                       ティツィアーノの「ウルビーノのヴィーナス」

           カラヴァッジオの「メドゥーサの頭部」 ※私は、カラヴァッジオが好きではありません^^;

                           カラヴァッジオの「バッカス」

        1階のショップで、日本語のカタログを29ユーロで買う・・・重たくて持って歩くのが大変でした

 11:45 美術館を出てヴェッキオ橋まで歩く。1345年に再建されたフィレンツェ最古の橋で、2階はヴァザーリの回廊

  ヴェッキオ橋の中央、貴金属細工の父と呼ばれるチェッリーニの像、柵に付けてある南京錠は永遠の愛の鍵

                       橋からの眺望・・・青空と白い雲がきれい

                      橋の中央には、貴金属店が並んでいる

 シニョリーア広場に戻る。ヴェッキオ宮は、14世紀の建造で現在は市庁舎、16世紀にはコジモ一世の居城だった

      馬車やセグウェイで観光する人がいる。シニョーリア広場から、楽しみにしているドゥオモに向かう

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
            サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(花の聖母教会)・・・突然目の前に現れた!

ドゥオモは、13世紀に着工後、完成までに600年を要した。最初のファサード(正面装飾)は未完成のまま取り壊された

       1887年、イタリア統一のシンボルカラー、赤・白・緑の大理石で再建された・・・下から見上げる

                  現在のファサードは、エミリオ・デ・ファブリスの設計による

                         18~19世紀のネオ・ゴシック様式

                              聖母子と十二使徒

                       少し離れて、ファサード全体が写せた

       現地ガイドさんお薦めの写真スポット・・・サン・ジョヴァンニ洗礼堂、クーボラ、ジョットの鐘楼

  ジョットの鐘楼の見晴らし台に人がいる。鐘楼は、84,7mのゴシック様式で、414段の階段を上がると見晴らし台

    後方に八角形のクーボラ、石積み建築のドームとしては世界最大、クーボラも上がれるので人が見える

  ドゥオモは外部からの見学だけで、入場する時間はなかった。サン・ジョヴァンニ洗礼堂の天国の門(レプリカ)

  アーケードのお洒落な道を歩いて・・・12:30 中華料理の昼食、折角だからイタリアの好きな料理を食べたい~  

     13:20 3回目のシニョリーア広場、添乗員さんから20分の自由時間を貰う約束だったのにキャンセル!
     参加者のたっての希望で10分だけ自由時間を貰う。私は、朝に見つけたマーブル紙のお店に走る。

    主人へのお土産なので、ゆっくり探したいが時間がない^^; 好きな緑の手帳があったので買った(*^_^*)

                     すぐ横のお店でジェラートを買って食べた人もいる

                  テイクアウトで、広場で食べられたら楽しかっただろうなあ

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
 集合したら足早にバスへ戻る。朝も見たサンタ・クローチェ教会、ミケランジェロ・ガリレオ・ロッシーニなどを埋葬

        14:15 少しだけバスに乗り、ミケランジェロ広場に行く。美しいフィレンツェの街が一望できる

                        ドゥオモのクーボラとジョットの鐘楼

                サンタ・クローチェ教会、ファサードは白だったが建物本体は茶色

ウフィッツイ美術館の展示は本当に素晴らしかった。私が今までに経験したことがない感動を覚えました\(^o^)/

コメント

_ しーちゃん ― 2018-06-21 07:19

chikaさん
母と子のやさしい眼差しにうっとりします。
山の稜線と建物は京都を連想します。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック