イタリア大周遊(8) アルベロベッロ 2018年5月20日2018年05月20日

7日目は、アルベロベッロを散策してから、マテーラに移動し洞窟住居群を観光します。夜はナポリで2連泊です。
今日も快晴のお天気で、南イタリアの青い空を満喫しました\(^o^)/ レポは2つに分けて作ります(*^_^*)

トゥルッリとは円錐形の屋根に白い壁のこの地方独特の建物で、単数形がトゥルッロ、複数形がトゥルッリです。
17世紀にこの地方を治めていた領主が、ナポリ王に支払う住居税を減らそうと考えて、税金の査察使の目を免れるため、石を崩せば簡単に解体できるトゥルッリ以外の住居を作ることを禁じたそうです。諸説あるそうで真意は?
                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                       今日の1枚・・・アルベロベッロのトゥルッリ

【行程】 日曜日 ☀ 爽やかな晴天 午後は暑かった
5:20 起床~王者のツゥルッリ散策~7:15 朝食8:10~アルベロベッロ散策~9:30ホテル9:45(バス)→11:00マテーラ駅
~マテーラの洞窟住居散策~12:30レストランで昼食13:35~マテーラ駅13:55(バス)→17:20→ナポリを車窓観光→
17:40レストランで夕食18:40→19:25ホテル モンテスピナパーク20:00~スーパーに買い物~21:25ホテル(11:00就寝)

    5:20 昨夜早寝したせいか早朝に目覚めた!窓から外を見るとちょうど日の出の時刻でした\(^o^)/

6:00 新市街にある教会と2階建てのトゥルッリを見に1人で出かけた。途中で1組のご夫妻に出会い同行させて貰う

サンティ・メディチ・コズマ・エ・ダミアーノ聖堂、1885年に建てられたネオクラシック様式の教会、2つの鐘楼が美しい

           ミサの前だったので中を見学させて貰う。真っ白な壁とあっさりした装飾が綺麗です

                              高い円天井と祭壇

                             色彩鮮やかな壁画

    街の守護聖人 聖コズマと聖ダミアーノが祀られている・・・メディチとは医者の事で、2人は兄弟だそうです

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
教会の奥に「トゥルッロ・ソヴラーノ」がある。12のツゥルッリで造られた最大のツゥルロで、「王者のトゥルッロ」と呼ぶ

  トゥルッロ・ソヴラーノは、1700年代前半に建てられた唯一の2階建てトゥルッリで、現在は博物館になっている

      早朝なので人はいないが、地元の人が日常生活を送る場所です。右の2本の塔が先程の教会

                          屋根に積まれた石灰岩のプレート

  サンティ・メディチ・コズマ・エ・ダミアーノ聖堂に戻り、大通りのヴィットリオ・エマニュエーレ通りをまっすぐ下る

  ポポロ広場に到着、昨日夜景を見に来た場所で、オベリスクは第二次世界大戦で戦士した人たちの慰霊碑

                         オベリスクの下に大砲のモニュメント

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
    ポポロ広場の奥、サンタルチア教会の横にある、ジャンジローラモ広場の高台からのトゥルッリ群

                    屋根の模様がかわいい・・・ここは後で歩きました~♡

                尖塔に乗っている石は様々で、煙突の上には金属製のニワトリ?

     屋上に茶色い壺がたくさん・・・トゥルッリの屋根の下に置かれている茶色い壺は、何に使うのかな?

7:15 ホテルに戻り朝食、毎日このようなバイキング、何処もサラダと果物がない・・今朝はサクランボがありました♪

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
 8:10 アルベルベッロの散策に行く。3回目の高台からのトゥルッリ群展望、この道は石畳ではなくて舗装道路です

            最初はアイアピッコラ地区に行く。400件ほどが今も住居として利用されている

                         中庭越しにトゥルッリ群を眺める(^^♪

             早い時間なので観光客は私達だけで、静かな街をのんびり歩けます(*^_^*)

                  玄関のベンチと大きな煙突、仲間たちとお喋りが弾みそう

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
      新築のトゥルッリがありました。漆喰の白壁は塗残し? 屋根はグレーではなくてベージュ色

               この家の番地は18番・・・マヨルカ焼きのプレートは他の家にもあった

今日は現地ガイドさんがいないので、観光説明はありません。案内板に「カサリポリス」と書かれた大きなトゥルッリ

                      マルテッロッタ広場付近に下りてきました

                     お洒落なバールがありますが、まだ開店前です

                  広場から反対側の石畳の階段を上り、モンティ地区に行く

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
             高台から眺めていた♡マークのトゥルッリ、緑の葉っぱが白い壁に映える

  モンティ地区は1,000軒のトゥルッリがある。お土産屋さん、レストランが多い所ですが、早朝は閑散としている

日本人が経営する「陽子さんの店」 ここは内部の見学をさせてくれる。ベッドルームなど数部屋あって意外に広い!
皆さん見学後に、ここで買い物をするので大繁盛です(*^_^*) 

               室内から見た屋根の天辺、室内は漆喰が塗られていてすべて白色

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
          屋上に上がらせて貰う。きれいなお庭やテラスがあり、これから行く教会の塔も見える

                       煙突の上にあったのは雄鶏さんでした

          朝の散歩で行ったサンティ・メディチ・コズマ・エ・ダミアーノ聖堂の2つの塔が見える

お花がきれいな路地で記念写真(*^_^*) 皆さんがお買い物の間に、私は添乗員さんと上の教会に行く事にしました

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   屋根には魔除けの模様や、古代文字が描かれている

アルペロベッロは、白川郷と姉妹都市です。この店の奥さんが白川郷の絵柄の布を織っておられ展示窓にあります

         聖アントニオ教会・・・高さ21.50mのトゥルッリの形をした教会で、1926年に建てられた

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
一部の方は昨夜、夜景を見た後に来られたそうで内部も見たそうです。今日はミサをしていて中には入れなかった。

                       帰り道、そろそろ店が開き始めました

                       陽子さんのお店で集合なので急ぎ下ります

                   陽子さんの店の前で記念写真・・・お店は写っていない

           石灰岩を積んで作られるトゥルッリは最後に頂の穴を塞ぐために尖塔をつけます

              尖塔のてっぺんに載せる石は遊び心を加えて様々な形に作られている

                           マルテッロッタ広場に戻る

    9:30 ホテル アストリアに戻る。1時間半ですが、楽しい散策でした(^^♪ 9:45 バスでマテーラに向かう

      きれいに手入れされたオリーブ畑、昨日からバスの車窓はオリーブ畑と牧草地がほとんどです


コメント

_ 摩耶山さん歩 ― 2018-06-15 09:20

叡山に出向かれたとか★
海外旅行の疲れもとれられ 山へ始動ですね。
旅行記 ゆっくりと拝見させていただきます。
町が

_ chika ― 2018-06-17 22:46

てるみさん、こんばんわ
25日から東北の山に登るので、比叡山はトレーニングでした。
それまでにイタリアのレポを仕上げようと頑張っていたら、
目が疲れて真っ赤になり、2日間ダウンでした^^;

しーちゃんと摩耶山のサブルートにお出かけされ良かったですね。
お二人の丁寧で、幸せいっぱいのレポを楽しく拝見しました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック