イタリア大周遊(9) マテーラ 2018年5月20日2018年05月20日

7日目の続きはマテーラ観光です。初めて見る壮大な洞窟住居群に驚き、実際にその中をぐるっと歩いて体感した。

【マテーラの歴史】 ※阪急交通社の説明分を簡略にして掲載させて頂きました。私が全く知らなかった所です。
マテーラは、グラヴィーナ渓谷の斜面の岩肌を掘って造られたサッシ (岩を意味するイタリア語サッソの複数形) と
呼ばれる洞窟住居群が約3000から4000あり、何層にも重なって渓谷を埋め尽くす壮観な景色が広がります。
歴史は古く、この地に人類が住み着いたのは約7000年前と言われている。8世紀から13世紀にかけ、イスラム勢力
の迫害を逃れたキリスト教徒の修道士たちが、洞窟内に130余りの教会や住居を造り、この地に移り住みました。
15世紀には地中海交易により繁栄、バジリカータ州の州都となり最盛期を迎えるが、1806年に州都がポテンツァに
移動後、街は徐々に衰退していく。また人口の増加による住居の不足もあって、多くの貧しい人々は家畜とともに
暮らすのを余儀なくされ、衛生面の悪化による死亡者が多発するほど深刻なものとなった。そこで政府は、1954年に
特別法を出し、都市調整計画に基づいて建設された新市街地へ住民を強制的に移住させた結果、サッシ地区は
無人の廃墟と化し、政府が保有する地区となりました。1993年、ユネスコの世界文化遺産への登録を契機に、
官民共同でサッシの保存・再開発が進んでいます。 

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   グラヴィーナ渓谷とサッソ・カヴェオーソ地区の洞窟群

【行程】 日曜日 ☀ 爽やかな晴天 午後は暑かった
5:20 起床~王者のツゥルッリ散策~7:15 朝食8:10~アルベロベッロ散策~9:30ホテル9:45(バス)→11:00マテーラ駅
~マテーラの洞窟住居散策~12:30レストランで昼食13:35~マテーラ駅13:55(バス)→17:20→ナポリを車窓観光→
17:40レストランで夕食18:40→19:25ホテル モンテスピナパーク20:00~スーパーに買い物~21:25ホテル(11:00就寝) 

           11:00 バーリから来る私鉄の地下駅、マテーラ駅に到着、横に広い駐車場がある

                         サッシ (旧市街) まで歩いて行きます

マテーラパン・・・パン生地はセモリナ粉で作られていて、外側はカリカリと香ばしく中はしっとりした食感で美味しい

                      11:16 旧市街の広場に到着、手前も洞窟です

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
 サッソ・バリサーノ地区が見渡せる・・・此処から右回りでチビタ地区の大聖堂 (左の高い鐘楼が見える所) に行く

                           セディーレ広場と旧市庁舎

                           狭い路地を歩いて大聖堂に行く

            建物の間には、サッソ・バリサーノ地区に下るトンネルの階段がいくつもある

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                     大聖堂の手前の展望地からサッソ・バリサーノ地区

                      中央の黄土色の建物が、先程居た場所です

        建造物は凝灰岩で出来ていて風化するそうです。ブロックごと取り出して補修するらしい!

          11:30 チビタ地区にあるロマネスク様式の大聖堂に到着、13世紀に造られたそうだ

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
          大聖堂から北側のサッソ・バリサーノ地区を眺める。手前の建物の屋根がおもしろい

                 チビタ地区の大聖堂から、南側のサッソ・カヴェオーソ地区に下る

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
      ムルジャ台地、今は無人だが洞窟住居跡がいっぱいある。ハイキングの道があり上にも登れる

                   グラヴィーナ渓谷とサッソ・カヴェオーソ地区の洞窟群

                    崖っぷちにサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会がある

                       滑りやすい石造りの階段をどんどん下る

                  ムルジャ台地の洞窟・・・今は廃墟です。山頂に人が見える

     洞窟住居は、天井が上の住居のテラスになる。現在は住居、ホテル、お店などになっている所も多い

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
     広場を挟んで、サン・ピエトロ・カヴェオーソ教会(左)と、マドンナ・デ・イドリス教会(中央の洞窟教会)

                      十字架の添えられた岩山はモンテッローネ

                      ここは大きくて立派な住居・・・ホテルかな?

                    広くて長い大階段は、古代映画に使われたそうです

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
             2つの教会の広場に下りてきた。教会は入場できるそうだが今日は無かった

                    反対側の眺め・・・車が走る広い道路の下は大丈夫^^;

                        左上の緑の所が、今下りてきた大階段

                         下はグラヴィーナ渓谷の深い谷

                       素晴らしい眺めに皆さん足を止めています

               奥の崖にも洞窟住居跡がたくさん見える。上は市街地になっている

        ビコ・ソリタリオにあるカーサ・グロッタ・・・農民の住居跡で日本語の音声による案内がある

                1954年に強制移動される前に農民一家が暮らしていた洞窟住居

                         家具や農具が当時のまま残っている

                           馬も同じ場所で飼われていた

                  台所も当時のまま、水は雨水を地下に溜めていたそうです

                          岩の壁に貝殻を見っけ(*^_^*)

                       13:30 チビタ地区に戻りレストランで昼食

                             洞窟の中で食べます

                暑かったのでビール、ポルチーニのバスタ、豚肉のロースト、パイ

           入口には眺めの良い席があり、美味しそうなお食事を見てつい羨ましくなる^^;

                      新市街のお土産屋さんのショーウィンドウ

                    13:55 バスに乗りナポリに戻る。麦畑とケシの赤い花

                    昨日走った道を通る・・・たくさんの風力発電の風車

                          牧草を刈るトラクターが見えた

                          ナポリの街とヴェスヴィオ火山

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
17:20 ナポリ港から車窓観光の始まり・・・壁の塗装が剥がれ落ちたマンションが普通にある!もっと酷いのもあった

                               ヌオーヴォ城

                               ナポリ王宮

                       ウンベルド1世のガッレリアは工事中

               高層ビルもあり、建物は種種雑多・・・北イタリアの街と印象が違う

                            17:40 レストランで夕食

                       初めて生ビールを飲んだら美味しかった

              ナポリ風ピザ マルゲリータ 香ばしくて美味しい 分厚いので量が多い

                    スフォリアテッラ・・・貝殻の形をしたパイで美味しい

             18:40 店の前のウィンドウに生魚、ナポリは魚介類が美味しいんだろうな

                  ナポリ湾の向こうにカプリ島が見えた・・・明日行きます(^^♪

          日曜日なので、浜辺では催しものがあり、移動遊園地が見えて車もいっぱいです

               今日はサッカーの試合があり、スタジアムから歓声が聞こえてくる

19:25 ナポリのホテル モンテスピナパークに到着、森の中のリゾートホテルで私は本館、増築した建物や別館が
あり、ツアー参加者はそれぞれに別れる。蚊が多くて困っている人もいて、パンフレットの内容と違いがっかり!

2F 私の部屋は片方の窓が開かないしお風呂は狭い。ベッドはシーツと薄い布だけ^^; でも疲れたのでぐっすり寝た

20:00 今夜は徒歩10分の大きなスーパーでお買い物です。夜道を恐々バックを手で抑えながら歩いて行きました。
ところが今夜はサッカーの試合があり、たくさんのパトカー、軍のジープなどが止まっていて、交通整理もしてくれた。
時間を決めてそれぞれがお買い物タイム、皆さんの気心もわかり、情報が飛び交い、楽しいひと時でした(^^♪
                     ※画像は翌朝にバスから写したスーパーです

明日は観光最終日、今日まで良いお天気が続きましたが、明日は☁と☂マークがあるそうで心配です。

コメント

_ 山の休日 ― 2018-06-17 22:21

chikaさん 今晩は
ローマ、ポンペイ、アルベロベッロ、マテーラ拝見しました。
ちなみにここまでずーっとお天気が良くすばらしい旅になっていますね。

先日BSでイタリア世界遺産を放送しており、
洞窟住居やアルベロベッロのトゥルッリ、ポンペイなど
chikaさんが巡っておられたんだと見ていました。

ローマの遺跡群、白い壁と円柱の屋根がかわいいトゥルッリ、
マテーラの洞窟群心と目にいっぱい焼き付けられてことと思います。
ローマの街歩き、アルベロベッロのサ散策など憧れます。

ありがとうございます。
次も楽しみにしています。

_ chika ― 2018-06-19 16:02

山の休日さん、こんにちわ
昨日の地震は驚きましたね!ご自宅は何事もなくて良かったです。
私と入れ違いでコメント頂いたようでありがとうございました。

北イタリアの美しい教会や絵画を楽しんだ後は、南イタリアの眩しい陽光をバックに、
珍しい遺跡や建築群を観光できました。
行く前は雨模様で寒いとの情報だったので、お天気の神様に感謝しています。

街歩きは、山休さんの様に自由自在と言うわけにはいきません。
イタリアは治安が悪いとの注意が再々あり、ホテルも郊外なので我慢の毎日です。
一人参加だったので、フリータイムがないツアーしか行けませんでした^^;

テレビを見て憧れていた場所に自分が立っているのは不思議な感じですね。
来週は裏磐梯に行く予定なので、そろそろ頭を切り替えています(*^_^*)

_ かおり ― 2018-06-19 17:00

chikaさん~ こんにちは。

京都はここ数年あまり地震には縁がなく喜んでいたのですが・・・
青天の霹靂ってな感じで太平の夢が破れたようです。
幸い大きな被害もなく、ホッとしていますが小さな子供さんが
倒れたブロック塀に直撃、痛ましき限りです。

イタリア大周遊拝見しました。難解なカタカナ文字が続く今回の大紀行に
纏め仕上げるだけでも大変だろうと推察します。
拝見していてボンベイ遺跡が興味深かったです。火山岩で埋もれた昔の都市遺跡を
掘り起こして、気の遠くなるような年月で再現されたと聞いています。

おなじみのピサの斜塔やドゥオウのきらびやかな天井の装飾に美術画の数々
京都の姉妹都市フィレンツェでは「ヴィーナスの誕生」等々名画の鑑賞と
10日間好天にも恵まれ、お一人で参加されたことに敬意を表わすと共に
行動力が凄いです。

これだけ一編仕上げるにも結構目も疲れることだろうと思います。
計画、実行、紀行文は大変なる労力の賜物、見事なイタリア案内ガイドブックですね。
先ずはお疲れ様でした。

_ chika ― 2018-06-19 20:24

かおりさん、こんばんわ
地震、びっくりでした。京都の方が揺れが強かったようですね。
ご無事で何よりです。

昼間に八ヶ峰のレポを拝見して、美しいブナ林の連続に感動していました。
良いお仲間がたくさん居られて、お仲間はかおりさんの宝物ですね。
梅雨の晴れ間を選んで、次々と興味深い山に登られての素敵なレポ、
毎回楽しく拝見しています。

ポンペイの遺跡は、実際に生活していた所がそのままに残されていて、
古代人の能力の凄さに驚きました。
コロッセオの様な大規模遺跡よりも、身近でおもしろいです。

古希を迎えて気持ちが急いています。
時間を見つけて、体力と相談しながらいろいろチャレンジしたいです。
ながながと拙文をお読みいただきありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック