イタリア大周遊(10) カプリ島 2018年5月21日2018年05月21日

8日目は、この旅のもう一つのハイライト、カプリ島の青の洞窟に行きます。5月に入場できる確率は50~60%です。
午後から行くアマルフィと海岸のドライブも楽しみです(^^♪ 写真が多すぎて、今回もレポは2つに分けました。

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                         今日の1枚・・・カプリ島、青の洞窟

【行程】 ☁一時小雨 午後は☀
6:00 起床 6:45 朝食 ホテル出発7:20(バス)→7:50 ナポリサンタ・ルチア港 モーロ・べヴェレッロ 8:05(水中翼船)→
8:55 カプリ島マリーナグランデ 9:00(モーターボート)→9:20 青の洞窟9:35→9:50 カプリ島(自由行動)
11:35 レストランで昼食12:15~マリーナグランデ13:00(高速船)→13:30 ソレント(ミニバス) 14:00(36人乗りバス)→
15:30 アマルフィー(自由行動)16:40→19:00ナポリホテル モンテスピナパーク 19:30ホテルで夕食20:20(22:00就寝)

7:20 今日はアマルフィの狭い断崖の道を走るので、36人乗りの小型バスでナポリのホテルを出発、卵城が見える

8:05 サンタ・ルチ港横のアモーロ・べヴェレッロから水中翼船に乗る。朝に4回も船に乗るので、酔い止め薬を飲む。
水中翼船は混んでいてほとんど満席、後方のデッキから海を眺めると波は穏やかで、船はほとんど揺れなかった。

                     チケットは記念になるので、大切に持ち帰ります

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
      8:55 カプリ島のマリーナグランデに到着、美しい風景が広がるが、あいにくの曇り空で残念です

ここでモーターボートに乗り換える。後で知ったのですが、左に浮かぶ小さなボートが、青の洞窟に入るボートでした

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
9:00 モーターボート出発、現地ガイドさんが抽選をして、私たちのグループは2番目に青の洞窟に入れるそうです♪

 1番目と2番目のモーターボートが、ちいさなボートを引っ張って行きます! 断崖の右端付近に青の洞窟がある

        カプリ島には、多くの有名人の別荘があるそうです。カーレーサーの別荘だと聞いたような?

         カプリ島は砂浜がなくて、ここが海水浴場、曇っていても、海の色は濃いブルーで美しい

    断崖にはこのような洞穴がたくさんあります。ボートの上で立っている漕ぎ手さん、落ちないのかなあ!

    9:20 青の洞窟の前に到着、先着の船が一艘あって次々小舟に乗り換えて青の洞窟に入っていきます

抽選で1番だったモーターボートのグループが、ちいさなボートに乗り換えています。怖いかと思ったら意外と簡単!

  これが青の洞窟の入り口です。雨が降っていなくて、波が穏やかなのが条件で、荒れると封鎖されるそうです

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                洞窟の高さは1m、外国の娘さん3人が、青の洞窟に入ります(^^♪ 

漕ぎ手さんは、左の岩に張られた鎖を使って穴に近づき、最後は仰向けになり通過 ※陸からもボートで入場できる

      私たちのボートは4人乗り、ボートの先端が私の席でした。仰向けになって頭から入ります(*^_^*)

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
        入ったらこんな感じ・・・メチャきれい~♡ 海の透明度が高いのでボートの水浸部まで見える

     洞窟の開口部から入り込んだ太陽光線が、白い石灰岩の海底で反射し、海水を青く輝かせている

              洞窟の中は意外と広くて、5艘ほどのボートが反時計回りで一周している

        入口に戻る・・・チップを余分に渡すともう一周してくれたそうだが、私たちは知らなかった^^;

                        入口で順番待ち、水の色が浅くなった

                    鎖を引っ張って外に出る。皆さんの体格が素晴らしい

                            真剣な表情の漕ぎ手さん

 順番を待って次々とボートが出.る。今日は曇っているので少ないが、ハイシーズンは1~3時間待ちになるそうだ

                9:35 たった15分の滞在でマリーナグランデに戻る。正面はソレント

                マリーナグランデが近づくと、厚い雲が空を覆い海の色も暗くなる

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   カプリ地区全景・・・中央の縦線がケーブルカーの線路

9:50 マリーナグランデに到着、港の前は土産物店が並ぶ。可愛い色のスワロフスキーが飾られたカプリウォッチ~♡

                   カプリサンダル・・・オーダーして直ぐに作って貰えます

                     カプリベル・・・幸運の鈴、風鈴の様な良い音がした

                        リモン・チェッロ・・・レモンのリキュール

10:10 青の洞窟がスムーズに入れたので1時間20分の自由時間を貰う!私達はフニクラーレ(登山電車)に乗ります

           向かいのチケット売り場で往復4ユーロのチケットを買う。時間が早いので空いていた

   急な斜面にレモン畑を期待したが、車窓には見えない。午後のアマルフィでいっぱい見られたので良かった

   ケーブルカーはスイスで乗ったのと同じで、このような箱がいくつもある。ベンチが一つで、他は立って乗る

      フニクラーレの上の駅からカプリ地区を散策する。ここは雨が降ったようで地面が濡れている

              添乗員さんがお薦めのジェラートのお店、ワッフルコーンが焼き立てです

             ピスタチオとアーモンドのジェラートにした。お洒落なホテルがいっぱいある

                ここは車が禁止みたいで、荷物を運ぶちいさなカートが走っている

    子供服の店、時間があったら覗きたかった・・・シャモニとサースフェーでTシャツを買ったのが懐かしい

                           高級店が並ぶカプリ地区

            レストランはまだ早いので誰もいない。高そうだけれど美味しいんだろうなあ~

               お花も街も、背景も素晴らしい。泊まってみたい高級リゾート地です

                          青空があれば素敵でしょうね

                     マヨルカ焼きのお土産店、ちょっと覗けば良かった

                       このホテルもイタリアらしいカラーで素敵

            11:10 フニクラーレの駅に戻る。もう少しゆっくり散策しても良かったみたいです

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                少し晴れてきて、展望が良くなった。真っ白な建物と緑が綺麗です

                      上の斜面にも、たくさんの建物が並んでいる

               マリーナグランデの高速船、青の洞窟に行くモーターボートも見える

                           フニクラーレがやって来た~♪

                   車窓から・・・こんな断崖に家が建っていて庭もあります

            11:35 マリーナグランデにあるレストランで昼食、後半はビールが定番に(*^_^*)

        カプレーゼ(薄切りトマトとモツァレラチーズのサラダ)美味しい、シーフードリゾット、スイカ

12:15 レストランを出て、高速船でソレントに向かう。カプリ島はずっと曇りで残念でしたが、波が穏やかだったので、
青の洞窟に入れたのはとてもラッキー(^^♪ 5月前半は波が高くてほとんど入れなかったそうです。
午後はお天気が味方してくれて、南イタリアの青い海を眺めることができました。最後まで皆さん運が強いです!

コメント

_ しーちゃん ― 2018-06-21 08:28

chikaさん、おはようございます。
青の洞窟はブルーがきれいで体験出来てラッキーでしたね。
イタリアはほんとに見る所がいろいろあって、魅力的な国ですね。

25日から東北の山へいらっしゃるのですね、お元気ですね。
梅雨も後半でしょうか、晴れるといいでうね。

_ chika ― 2018-06-23 22:07

しーちゃん、コメントありがとうございました。
初めて観光が目的の海外旅行に行きました。
フランスに次いで人気№2のイタリアは、見どころがいっぱいで、
感動の連続、長いレポにお付き合いいただき申し訳ありません。
今日やっと最終まで行き、明日は山の準備をします。

しーちゃんの夏山は何処でしょうか?
素敵な山の足あとレポートを待っています~☆

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック