ツール・ド・モンブラン(3) ボンノム小屋 2010年7月17日2019年02月17日

いよいよツール・ド・モンブランに出発です。1日目のコースタイムは5時間30分、標高差1,200mの登りです。
荷物は3つに分けます。2泊3日分のトレッキング用 (32ℓのザック) 後半のトレッキング用 (クールマイユールに搬送)
シャモニーのホテルに保管 (スーツケース) クールマイユールに着替えの搬送が出来るのでザックが軽くなる(^^♪
今日は午後になると雲が出て青空と山は見られず^^; でも牧草地の綺麗なお花畑に元気を貰って楽しく登れました

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
 黄色い線が歩いた所です。 出典・・・RANDOEDITIONS 2003 Pays Du Mont-Blanc ハイキングマップ 1:50,000 
          ※シャモニーのスネルスポーツで、ツール・ド・モンブランの地図を買いました。€10

【行程】 ☀のち☁
ホテル(7:00 朝食)9:00(送迎車)→9:45ノートルダム・ドゥ・ラ・ゴルジュ10:15~11:00テナ橋~11:25ナンボラン小屋~
12:30バルム小屋(昼食 オムレツ、スープ、サラダ €10 )13:10~14:15ジョヴェ湖分岐(休憩)14:25~15:00ダム平原
(休憩)~16:05ボンノムのコル(休憩)16:25~17:20クロワ・デュ・ボンノムのコル~17:30ボンノム小屋(18:45 夕食)

7:00 朝食、ホテルの部屋の窓からミディ針峰が見えて、今日も良いお天気♪スネルスポーツでTMBの地図を買った

             9:00 専用車に乗って出発する。左の車窓から迫力あるボソン氷河が見える

9:45 ノートルダム・ドウ・ラ・ゴルジュ教会(1210m)に到着、100m手前のトイレに行き準備運動もする。右に小さな祠

        教会の中に入ると厳かな気持ちになる。TMB初日で少し緊張していたので旅の無事を祈る~♡

     10:15 氷河から流れる白濁した小川にかかる小さな橋を渡る。私達のTMBはここが始まりです(^^♪

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
             古い標識にバルム小屋は1時間半、ボンノム小屋が3時間45分とあり早すぎ!

               針葉樹林の登り坂を黙々と登る。左斜面にテガタチドリが咲いていた

 ハイカーのザックを積んだ馬を引く親子がやって来ました。写真をお願いしたら快くOK・・・優しい笑顔が良いです

                  フランスのハイキング標識・・・この道は昔のローマの街道

 11:00 テナ橋(1392m) アーチ型の石の橋で、ALT1425の文字が刻まれている。ローマ時代からここに橋が架かる

   石橋の下は水流に深く削られた渓谷(ゴルジュ)で、ノートルダム・ドゥ・ラ・ゴルジュはそれに由来するそうだ

                          橋の横に展望台が造られている

             アストランティア・マジョル・・・アストランティアは、星とか天体を意味する

            マウンテンバイクで下ってきた男性・・・この先もマウンテンバイクの人に度々出会う

   ガイドさんは想像以上にゆっくり歩いてくれます(^^♪ コンパクト・デジカメで気軽に写真が撮れてラッキー

                            11:25 ナンボラン小屋(1460m)
 
                   綺麗な小屋で、レストランがある。ここからS字に登ると~

  11:40 視界が開けて「La Rollaz 1535m」 の標識がある。穏やかな良いお天気だが、山頂付近は雲の中です

   12:10 平坦な牧草地の道で牛さんと記念写真・・・右にペナス針峰 (2683m) 山麓にバルム小屋が見える♪

         大きなカウベルを首に付けた牛たちは、ハエを追い払うように忙しく尻尾を振っている

        森林限界になり沢の向こうに三角錐のペナス針峰 (2683m) が見えるが、青空がなくなり残念^^;

     12:30~13:10 バルム小屋 (1706m)でお昼(^^♪ オムレツがおいしかった。お水も冷たくておいしい

 下山してきた単独の男性が「TMBは必ず生涯の良い思い出になる」と話しながら記念写真を撮ってくださった~♡

  バルム小屋からは左にバルム滝を見ながら登る。画像では判らないが滝の右上の大きな鉄塔を目指して進む
  ※TMBの行程は事前に調べましたが、当日はガイドさんについて行くだけです。後日地図を見て写真の場所が
  何処なのかを調べるのに、今回の鉄塔に様な目印になるものが写っているとラッキーです(*^_^*)

            登り道の斜面は10~30cmのお花畑が続く・・シレネ・ブルガリス (シラタマソウ)

              セイヨウノコギリソウ (ピンク) ゲラニウム・シルバティクム (フウロソウ 紫)

                    オノブリキス・・・マメ科の牧草で牛が好んで食べる

            マツムシソウ (薄紫) ムラサキシロツメクサ (ピンク) オクエゾガラガラ (黄色)

                          イブキジャコウソウ ヤエムグラ

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                    色彩豊かなお花畑・・・優しい色合いがお気に入りです

                   名前が判らないが、草丈が長く花をいっぱい付けている

                              ヒメイトシャジン

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
     14:00 滝の上まで登ってきた。中央の台地にバルム小屋、谷の奥にまっすぐに続く道が見える

                          バルム滝を上から見下ろす

                        滝の上の標識を右に行くと平坦な道に戻る

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                 チョウノスケソウ・・・ヨーロッパでは葉をお茶にして飲むそうだ

               リヌム・アルピヌム (シュクコンアマ)・・・優しいブルーの花は初めて見た

                    繊毛が目立つセイヨウタンポポ、後方はオノブリキス

                  ジョヴェ平原の美しい沢・・・せせらぎの音を聞きながら歩く

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                  沢の横もお花畑・・・良く見るとちいさな花が密集している

         14:15~14:25 ジョヴェ湖分岐 (1921m) で休憩、湿原に咲く花がいっぱい咲いている(^^♪ 
         橋を渡るとジョヴェ湖に行ける。午後なので湖から戻って来る日帰りハイカーがたくさん

                          エゾムラサキ (ワスレナグサ属)

                        アンティリス・ブルネラリア (マメ科)

                ピングイクラ・アルピナ (ムシトリスミレ属)・・・白い花は初めて見る

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
            オノブリキスの群生、沢の流れは速く、氷河から溶け出した水はとても冷たい!

                      アネモネ・ナルキスシフロラ (ハクサンイチゲ)

                ゲンティアナ・オルビクラレス (ハルリンドウ)・・・3~8cmの小さな花

                        ゲラニウム・シルバティクム (フウロソウ)

                  分岐の後も、しばらく平坦な道・・・咲き残りのバターボール

                    テガタチドリの蕾、シレネ・ブルガリス (シラタマソウ)

                    ダクティドリザ・マクラタ・・・ウズラ葉のハクサンチドリ

                  カラフトゲンゲ・・・どの花も緑の草地にポツポツと咲いている

                  緩い登りが始まる・・・アカバナの種類だが名前は判らない?

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
    ドロニクム・クランディフロルム (キク科) 高い山は雲に隠れてもう見えないが、平原の周囲は岩場です

山岳マラソンのタイムトライアルの様で、下って来るランナーに何度も道を譲る。急坂でも凄いスピードで駆け抜ける

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
              アデノスティレス・アリアリアエ・・・60~150cm、背が高く葉っぱも大きい

                お花がいっぱいの斜面を、笑顔を絶やさず頑張って登る(*^_^*)

  15:00 テュムュルュス、ダム平原(2043m) 幅広のケルンがある。※ネットで調べたら墳丘墓と書かれているが?

              一面緑におおわれた広い平原で、谷を挟んで残雪の山々や滝が見える

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
      まだ距離はありそうだがボンノムのコルが前方に見える(^^♪ 左上の岩がローチャ・デュ・ボンノム

               ムラサキシロツメクサとセイヨウタンポポ・・・道を離れお花畑で休憩

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
       トリフォリウム・アルピヌム (ムラサキシロツメクサ) ロトゥス・アルピヌム (ミヤコグサ属 黄色)

               バルトシア・アルピナ・・・3種とも濃い緑の平原にいっぱい咲いている

                       ラヌンクルス・グラキアリス (キンポウゲ科)

               15:40 最後の急登・・・お花モードは終わりガイドさんの後を黙々と歩く

                 平らな岩が重なり、立て向けになっている面白い地層が見える

     16:05 ボンノムのコル (2329m) に到着、ガスで遠望はなく、風が強くて寒いので避難小屋で休憩

 ボンノムのコルは十字に道が続いていて、私達は左の谷から登ってきた。ランナーのチェックをする監視員さん

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
          避難小屋から、ボンノムのコルを通過するランナーと、ローチャ・デュ・ボンノム(2599m)
          16:25 出発、TMBの道は左に曲がり、ローチャ・デュ・ボンノムの中腹をトラバースする

                              ビオラ・カルカラタ

      今日は曇っているが登山道は見える。ホワイトアウトの時はこの標識があると助かるでしょうね
        ※TMB・・・ツール・ド・モンブラン GR5・・・ベルギーから地中海ニースまで660kmのコース

       ボンノムのコルを振り返る。左はラ・ジタに下る道で、晴れていたら左にラ・ジタ湖が見えるそうだ

                    岩の上に、シレネ・アカウリス (コケマンテマ 1~3cm)

             ローチャ・デュ・ボンノムの中腹をトラバース・・・晴れていたら展望抜群だと思う

                  17:15 雪渓の横の岩場を登る・・・ガスが濃くなり視界が悪い

                  斜面の岩場をトレランの人が駆け下りて来るので道を譲る

   17:20 クロワ・デュ・ボンノムのコル (2479m) に到着、ガスで展望がないので直ぐ下のボンノム小屋に行く

     17:30 ボンノム小屋 (2433m) に到着、大きくて立派な小屋だ!ガイドさんがチェックインしている間に
     妹がリーダーで整理運動をする。翌日に疲れを残さないので、以後到着後の恒例になった(*^_^*)

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                 屋の下に石を積んで囲った野営地が見えて、テントが2張ある

5人で「カチョン」と言う名の個室を貰う。窓もあって快適♪登山靴は玄関で脱ぐ。シャワーの順番待ちをしていたら、
友人が震えて出てきた。温水でなく水だ!外人さんは平気なので、人種による寒暖の感覚の差を大いに感じました。

          18:45 夕食、セルフサービスでテーブル毎に分け合う。寒いのでスープが美味しい♪

                生ビールを注文、夕食はコースメニューで山小屋とは思えない!

スープ、パン、ビーフシチュー、ポレンタ (トウモロコシ粉を水で煮込んだ北イタリア料理) チーズ・チョコレートケーキ

      20:20 小屋は宿泊客で満員、各テーブルで話が弾む(^^♪ 妹は寒いテラスに出てフランス人、
      イタリア人、スペイン人と片言のお喋りをたし後に、スパニッシュダンスで盛り上がったそうだ!

    私は寒くて、フリースとダウンベストを羽織ってベットに潜り込む(*^_^*) 明日は晴れてほしいなあ~☆

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック