ツール・ド・モンブラン(9) アルペッタ小屋 2010年7月21日2019年02月22日

TMB5日目は、エレナ小屋~ラ・フリ、標高差469mの登り、938mの下り、コースタイムは4時間40分、バスで移動後、
シャンぺ・テレ~アルペッタ小屋、コースタイムは30分、最高地点のフェレのコルでイタリアからスイスに入ります。
朝からガスがかかり、フェレのコルまで展望なし、峠を越えるとスイス側は晴れていて、今日も気持ちよく歩けた(^^♪

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   フェレのコルを過ぎて、イワダイコンソウの群生と池塘

                      スイス側から眺めるモン・ドランとドラン氷河

                      緑のアルプを背景に、フェレ村の可愛いロッジ

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
 黄色い線が歩いた所です。 出典・・・RANDOEDITIONS 2003 Pays Du Mont-Blanc ハイキングマップ 1:50,000

【行程】 ☁のち☀ 夕方一時雷雨 のち☀ 
エレナ小屋(7:00 朝食)8:05~8:45廃屋(休憩)~9:40フェレのコル10:00~11:20ら・プール小屋(カフェオレ)11:50~
12:35沢を渡り車道(休憩)~13:05フェレ~13:45ラ・フリのレストラン(昼食)15:10~15:20ラ・フリのバス停15:30(バス)→
16:00オルズィエール16:30(バス)→16:50シャンペ・テレ(雨宿り)17:20~18:00アルペッタ小屋(19:00 夕食)

        7:00 質素な朝食、8:05 エレナ小屋(2062m)を出発、夜からガスっていて全く展望がない^^;

8:45 急登が終わり休憩、トラバース道に入るとお花がいっぱい(^^♪ペディクラリス・ベルティキラタ (タカネシオガマ)

               ゲンティアナ・コキアナ (チャボリンドウ)・・・アルプス三大名花の一つ

                      アスター・ベリディアストルム (アルプスギク)

                         ビスクテラ・ラエビガタ (アブラナ科)

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
  紫系のミヤマツリガネソウ、イトシャジン、タマシャジン、オクエゾガラガラ(黄)、アルプスギク(白)、アザミ(ピンク)

             エレナ小屋から見ていた緑一色の斜面が、来てみたら一面のお花畑だった!

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
       イブキジャコウソウ(ピンク)、オクエゾガラガラ(黄)、イトシャジン(青)、エゾコウゾリナ(右下黄色)

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   ミヤマツリガネソウ・・・花びらの繊毛に露がついている

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
             ヒコポエリス・ウニフロラ (エゾコウゾリナ属)・・・細毛にびっしり露が付いている

      ガスで展望のないガレ場の下り!後から写真で見るとマウンテンバイクの人のお尻と靴は泥んこ

                  やっと黄色い標識が見えた(^^♪ スイス側は青空も見える

  9:40 グラン・コル・フェレ (フェレ大峠 2537m)に到着 ※フェレ小峠(2490m)はテート・ド・フェレの北西にある

   「 S 1931 」 の石柱でイタリアからスイスに入る ※グラン・コル・フェレ・・・レポはフェレのコルと標記します  

          寒いので記念写真を撮ってから、比較的暖かなスイス側の斜面で休憩する。10:00 出発~

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
   10:10 フェレのコルを少し下ると晴れてきた!緑の斜面に池塘がいっぱいある。残雪の山々がきれい(^^♪

                      ゲウム・モンタウム (イワダイコンソウ) の群生

    スイス側は広々した山の斜面に、緩やかな登山道が続いている。後方微かにグラン・コンバン(黄矢印)
    ラ・ドッツ山(手前中央 2492m)の南斜面を歩く。後方に、モン・フェレ(左 2978m)、モン・テリエ(右 2952m)

         フェレのコルを振り返る・・・荷物をいっぱい積んだロバ、MTBの人、多くのハイカーがいる

              10:20 フェレのコルの北にあるテート・ド・フェレ (2714m) が見えてきた!

                        ハイカーの荷物を積んだロバが登ってくる

               マウンテンバイクの陽気なグループは登り坂でも元気に挨拶(*^_^*)

       雪融け水が流れる傍に、トゥスシラゴ・ファルファラ (フキタンポポ)・・・糸のような細い舌状花

                    乾燥した岩の斜面にイトシャジン、後方はイワガスミ

       登山道の左を見上げると、一面にアンティリス・ブルネラリア(黄)、濃いピンクはタカネシオガマ

                スイスとイタリアの国境の山々、深い谷はプールの谷と呼ばれる

          ラ・ドッツ山南斜面の歩きやすいトラバース道、お天気が良くなり素晴らしい展望(^^♪

                    ジプソフィラ・レペンス(イワガスミ ハナイトナデシコ)

                     この辺りは、ハナウドが斜面一面に咲いている

      10:55 登山道の横が放牧地になり、1本の柵があるが牛さんは美味しい草を見つけて近寄ってくる!

                     ずっと向こうまで、いろんな色の牛がたくさんいる

         ラ・プールの小屋が見えた。白いパオが2棟あり、寝袋があれば宿泊も出来るそうだ

                 11:20 ラ・プール小屋に到着、フェレは黒牛の闘牛が盛んな所

 ドミトリータイプの宿泊棟、下にウッドチップが敷かれている。奥に牧畜小屋もあり先程の牛はたぶんここで飼育?

                    お洒落な丸太のプランターとモン・フェレ(左 2978m)

             素晴らしい晴天になった\(^o^)/ 広いテラスでカフェオレを飲みながら休憩

           11:50 出発、少し下ると、ラ・プール小屋の全景と、ラ・ドッツ山 (2492m) が見える

     広い牧草地の横の平坦な道を歩く。ゲンティアナ・プルプレア、茶色のリンドウで背丈が60cm位ある

             12:05 つづら折れの幅広の道を下る。リリウム・マルタゴン(マドンナリリー)

               森林に咲く花が目を楽しませてくれる(^^♪ ローザ・カニナ(イヌバラ)

                     ユーフォルビア・キパリスシアス(トウダイグサ科)

                       アコニトゥム・ブルパリア(白 トリカブト属) 

                      アコニトゥム・ナペルス(紫 ヨウシュトリカブト)

        緑が美しいプールの谷を下る。道の両側に花・花・花~♪ 前方にシックス・ニエール山群

                      フウロソウ、ワスレナグサ、白いキンポウゲ

                 ボンノムのコルの登りで見た紫の花が群生・・・名前が判らない

 12:30 ラ・ドランス・ド・フェレ川、橋を渡ると駐車場があり広い車道に出る。河原で休憩、水は意外にもぬるい!

        トゥール・ノイル(中奥)、ラー・ヌーヴ氷河、グラン・ダレー(右奥)、シックス・ニエール山群(右)

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
12:50 橋を渡り左に行くと黄色いスイスの標識がある。Res Ars (1795m)、フェレまで20分とあり素晴らしい展望(^^♪
モン・ドラン(左 3823m)、ドラン氷河、トゥール・ノイル(中奥 3836m)、ラー・ヌーヴ氷河、グラン・ダレー(右端 3514m)

昨日はイタリアのエレナ小屋、今日はスイス側からモン・ドラン(中央 3823m)、ドラン氷河、左はモン・グレピヨン連峰

     プール谷の上流にも緑豊かな牧草地が広がる。車道の右奥が先程渡った橋で駐車場は満車だった

一段上の道にも車が止まっていて人気の場所らしい~♪フェレのコルから見えていたモン・フェレ(2978m)が間近に

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
             フェレの村の入口に可愛いロッジ・・・どんな素敵な人が住んでいるんだろう

                                憧れる~♡

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                         西(左)に、ヨーロッパモミとモン・ドラン

            13:10 フェレ (1700m)、バス停がある。小さな村で直ぐに抜ける。可愛い家~♡

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
            村の端っこに、白い礼拝堂がある。緑のアルプとマッチして、スイスらしい風景

               緑の丘の向こうに、モン・ドランとドラン氷河、右端にトゥール・ノイル

             トゥール・ノイル(中央奥)、ラ・ヌーヴ氷河(中央)、グレゼッセ(右手前 3024m)

                   東(右)、後方を振り返ると、モン・フェレと一面のアルプ

                     石造りの家、妹が覗いているので私も行くと~

                      園芸種のエーデルワイスが咲いている(^^♪

              牧草を刈っている人とトラックを発見・・・後程ラ・フリで同じ車を見かけた

                             上に羊の群れがいる

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                         美しい岩峰 トゥール・ノイル(3836m)

                          ヨーロッパモミの大きな松ぼっくり!

            13:40 ラ・フリ(1593m)に到着、新しいロッジが並んでいて、左にスーパーがある

                    1階が石造り、2、3階が木で造られた家の前を通る

            13:45 ラ・フルのレストラン「de La Fouly」でランチ、テラス席からトゥール・ノイル

                私達は室内・・・この後バスで移動するので生ビールで乾杯(*^_^*)

                   きれいに盛り付けられたサラダ・・・久しぶりの生野菜

                    ロシティ (スイスのジャガイモ料理 レシュティとも言う)

               パンに4種のチーズを乗せて焼く ハムを載せたものと2つオーダー

            15:30 直ぐ近くにあるラ・フリのバス停から「オルズィエール」行きのバスに乗る

        車内は向かい合わせの座席、何度か乗っているがバスで後ろ向けに座るのは気持ち悪い

        16:00 オルズィエールで一旦下車、荷物も降ろす。30分後同じバスが、シャンペ行きになる
        この地方はグラン・サン・ベルナール峠に近くて、バスも鉄道も車体にセント・バーナード犬

                   オルズィエールの駅舎、時間待ちの間にホームに行く

    セント バーナード エクスプレス (マルティーニ~サンブランシェ~オルズィエール~ヴェルビエ)が停車中
          ※シャンペ行きのバスは、後方に見える山に造られたつづら折れの車道を登って行く

           16:30 オルズィエールを出発、美しいシャンペ湖 (1477m) を通る頃に雨が降り出す!

         16:50 シャンペ・テレで下車、リフトの小屋で30分雨宿り、凄い夕立で雷の音も聞こえる

     17:10 雨が止んだので出発、工事中のリフトの下を通り、後は車道を歩いてアルペッタ小屋に行く
     ※TMBのコースは沢沿いで、雨の後は危険だと判断し、ガイドさんが工事関係者に確認してくれた

18:00 アルペッタ小屋(1630m) 、到着が遅く沢山の宿泊者で賑やかだ!恒例の整理体操をしていたら拍手を貰った

      私達の部屋は、玄関右の別棟、1階右側の6人部屋でトイレもある。シャワーは本館の2階に行った

                       2段ベッドが3つ、板張りの広い部屋です

   妹が憧れているアルペッタの窓を背景に記念写真、夕食前でハイカーはそれぞれにくつろいで居られる(^^♪

            アルペッタの窓(2665m)・・・西の方向にあるが、窓が見えているかは定かでない

                19:00 夕食、山小屋でもきれいにテーブルセッティングされている

                ドール・ブランシュ・・・スイス、ヴァリス産の白ワインが美味しかった

                   生野菜サラダ、チーズ・フォンデュ、リンゴのコンポート

                        1988年製?薪ストーブのあるレストラン

          どこの山小屋もスタッフさんは若くて元気、言葉は通じないが笑顔が素敵です(*^_^*)

明日はバリエーションコースのアルペッタの窓~フォルクラ峠を予定していたが、天気予報とメンバーの体力を考慮、
ガイドさんの判断でノーマルルートに変更する。午後から雷雨の予報なので、皆さん納得です(*^_^*)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック