ツール・ド・モンテローザ(13) ヘルンリヒュッテ後半 2011年7月18日2019年03月13日

帰りは同じ道を下るのでゆっくり余裕をもって歩いた。お天気もどんどん良くなって、楽しいハイキングが出来ました。

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                       ジュヴァルツゼー湖畔、雪のマリア礼拝堂

【行程】 ☁ のち☀ 山の気温は低いが風がないので登山日和
ホテル8:30~8:45シュルーマッテンゴンドラ乗り場→9:05ジュヴァルツゼー~9:25ケルンのある高台~9:55ヒルリ~
10:50ツムット分岐~12:00ヘルンリヒュッテ(昼食)13:00~14:00ツムット分岐~14:35ヒルリ(休憩)~
15:20ケルンのある高台~15:40シュヴァルツゼー(散策)16:15→16:30シュルーマッテンゴンドラ乗り場~17:00ホテル
★ジュヴァルツゼーゴンドラ往復 CHF24(半額) ヘルンリヒュッテ(スープ) CHF12.5 グランビス(夕食) CHF25

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
             イタリアの地図 1:25,000 №108 チェルビーノ (黄色い線が歩いたコース)

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
13:00 ヘルンリヒュッテ出発、初めは広い斜面を蛇行する道、下にヒルリの岩山と終点のジュヴァルツゼーが見える

            両側が切れ落ちた狭い稜線、午後になり上り下りするハイカーが多くなってきた

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
13:20 大岩の下で展望が開け始め撮影(*^_^*) テオドール氷河とトロッケナーシュテーク (黄↓) 後方の山々は~

ブライトホルン(左 4,164m)、マッターホルン・グレッシャーパラダイス(右 3,883m)、手前はテオドール氷河のスキー場

                  リスカム(4,527m)、北西側、スイスから眺める白く優美な姿

                ※イタリアのパッソ・デイ・サラティから見たリスカムは岩峰だった

    リスカムの左に、モンテローザのパロット・シュピッツェ(緑↓ 4,436m)、ルートヴィッヒヘーエ(黄↓4,342m)

  3人組の男性はヒルリまでほとんど一緒で、鉄柵の通路に渡る危険な所で困っていたら助けてくれました<(_ _)>

 下ってきた重装備の男性2人に聞いたら、今日は雪が着いて登れなかったそうです。快く笑顔で記念撮影(*^_^*)

                   13:27 出発、急斜面につづら折れに造られた道を下る

     休憩していた女性が2人の写真を撮ってくれた! 言葉は通じないが皆さんとても親切でうれしい
     ツアー参加だと声をかけてくれる外国人はほとんどいないので、私達には楽しいひと時です~♡

                     ロープが張られた道、彼も笑顔で答えてくれる(*^_^*)

                  マッターホルン氷河が真横に見える・・・凄い迫力のセラック

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
     北西側、左にツムット谷とモレーン、対岸にオーバーガーベルホルン、朝はガスで何も見えなかった

    ヴァリス山群の続きの山々はまだ雲の中、その先はマッター谷、右に分岐から歩く平坦な道が見える

 13:55 急登の岩峰の下まで下りてきた。南東側にモンテローザ、リスカム、ブライトホルン、クラインマッターホルン

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
      モンテローザの大きな山塊、左にゴルナー氷河源流部の大氷原が見える。右はグレンツ氷河

モンテローザ山頂部がきれいに見えている!左からノルトエント、デュフールシュピッツェ、ツムシュタインシュピッツェ
プンタ・ニフェッテ・・・氷河に囲まれた美しい岩峰群が好きです~♡イタリア側から見た東壁は切れ落ちた岩峰だった

      ミシャベル山群は雲の中、シュトラールホルン(4,190m)、アドラーホルン(3,988m)だけが顔を出す

     14:00 ツムット分岐、しばらく平坦な砂の道が続く。左下の広い台地にハートマークが描かれていた

  振り返ると山頂が雲に隠れたままのマッターホルン、北壁のマッターホルン氷河と奥のツムット氷河が見える

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
            深緑の地層の上にヘルンリヒュッテ、小屋から上は雪が凍りついて真っ白です

          望遠でヘルンリヒュッテと白い東壁、ヘルンリ稜の取り付きに何人も人が写っていた
          小屋の裏側のトイレから道がある。もっと探して行けばよかったとつまらぬ後悔^^;

                      マッターホルン氷河とツムット氷河の末端部

               14:18 岩尾根を越えて反対側に出る。ここから急坂をジグザクに下る

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
  14:36 岩山の下に付けられた鉄柵の通路を通り過ぎてホッと一息、マッターホルン以外は綺麗な青空が広がる

       ヒルリ分岐の手前にスキー場の赤い標識がある。向こうの氷河から次々ハイカーが歩いてくる!
      トロッケナーシュテークから来たのかな?マッターホルン・グレッシャートレイルと言うコースがある

望遠でヘルンリヒュッテに行く最後の急登を写す。見えるハイカーと道をつなぐと歩いた道がおおよそ判って面白い

        14:35 ヒルリ(2,780m)、私達も交って休憩する。水色の上着の女性は氷河の方から来られた
        黒と黄緑の2人は、双眼鏡を持ってマッターホルンの方向を覗いている。穏やかな時間(^^♪

 ヒルリからリフト小屋を過ぎるとベンチのある展望地、ツール・ド・モンテローザの最後に相応しい展望が広がる~

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
 ゴルナー氷河の左の台地にゴルナーグラート、尖山はリッフェルホルン、右の台地にトロッケナーシュテーク駅

  TMR 初日のロープウェイはトロッケナーシュテーク駅からマッターホルン・グレッシャーパラダイス(中央)に昇る
  右に氷河歩きをしたプラトーローザとテオドールパスが見える。自分たちが歩いた所を眺めるのは最高\(^o^)/

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
雲が上がりモンテローザがくっきり、右下にはモンテローザヒュッテがある。右のグレンツ氷河もきれいに見える(^^♪

     モンテローザ・・・「氷の山」に相応しく真っ白に輝く!これがバラ色に染まったら綺麗でしょうね~☆
                 ノルトエント、デュフールシュピッツェ、ツムシュタインシュピッツェ

              デュフールシュピッツェ、ツムシュタインシュピッツェ、プンタ・ニフェッティ

     15:20 ケルンのある高台に戻ってきた。朝は一瞬だが白いマッターホルンが見えて感動した所です

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
         北西側、ツムット谷の向こうに山々が望める。近いので立体的に見えて素晴らしい(^^♪

       ダン・ブランシュ (4,357m) 、縦じま模様の美しい山です。マッターホルンと同じく雪化粧している

                          オーバーガーベルホルン (4,063m)

       ジュヴァルツゼーのゴンドラ駅とホテルが見える、明日は右の台地のリッフェルアルプから
       山上湖を巡り、左のロートホルンの中腹にあるスネガまで歩く。ツェルマットの村も見える

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
ゲンティアナ・ラモサ(リンドウ属)・・・ケルンの高台からの下りにいっぱい咲いている。朝は曇りで花びらを閉じていた

           15:40 シュヴァルツゼー (黒い湖 2,552m)、ちいさな教会があり、湖畔を一周できる

                     湖に下りると水中に小魚がいっぱい泳いでいた

         湖面にオーバーガーベルホルン(4063m)、白い頭のヴェーレンクッペ(3903m)が映る~☆

   シュヴァルツゼー湖畔、雪のマリア礼拝堂の前に大きな十字架、右のベンチで今日の余韻を楽しむ(^^♪

                  ダン・ブランシュ (4,357m)、オーバーガーベルホルン(4063m)

                 雪のマリア礼拝堂とキリストの十字架、中にはマリア像があった

 ホテル周辺は朝と違って大賑わい!太いタイヤのマウンテンバイクでスラローム、後ろの男性が手を振ってくれる

  今日歩いたケルンのある高台、ヒルリのリフト小屋、ヒルリの岩山、マッターホルンはあと少しで山頂まで見える

                      ベンチでくつろぐカップルが気持ち良さそう~♡

  お馴染みになったスイスのハイキング標識、シュヴァルツゼー~フルグ間を行くゴンドラ、一人たたずむ男性
  16:15 ゴンドラは混んでいてアメリカ人のご夫婦と同乗する。人が多いのを感じさせない風景がありました~♪

      16:30 ゴンドラ乗り場からマッターフィスパ川沿いを歩く。空気が澄んでいて村がより綺麗に見える

 17:00 マッターフィスパ川近くのホテル・シュミネー、私達の部屋は3階の左側、庭のレストランはお客さんで満員!

                ホテルの筋向いがスネガ行き地下ケーブルの駅・・・明日乗ります

            部屋のベランダから、走ってくるゴルナーグラート・バーンの新型車両が見えた
            Aさんが来られて、夕食と明日の自由行動をご一緒することになる(*^_^*)

  19:00 グランピス2階、下調べをして決めていたバーンホフ通りにあるピザが有名なイタリアンレストランに行く

             入店時はガラガラだったがすぐに満席になりラッキー♪ 生ビールで乾杯

      量が多いとの事で3人で分ける事にした・・・グランピスピザ (特大) はエビとルッコラが美味しい

  スパゲティ・カルボナーラ、サラダ・・・Aさんのスイス側TMRの写真を見せて頂き、道中のお話も聞けた(^^♪

 20:15 帰り道、マッターフィスパ川に架かる橋から、白いマッターホルンが見えた!左が東壁、ヘルンリ稜、北壁

  左下からジュヴァルツゼー駅、ヒルリのリフト小屋、ヒルリの岩山、ヘルンリヒュッテ・・・今日歩いた道です~♪

 外は寒く、部屋のバスタブでゆっくり温まってから明日の準備をした。天気予報は午後から雨なので心配です^^;

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック