長等山テラス~如意ヶ岳 2020年10月25日2020年10月25日

今年2月に皇子ヶ丘公園~長等山~如意ヶ岳~大文字山~山科疏水を歩きました。ゆっくり歩いて6時間です。
今日は下山に、雨社~P381~毘沙門堂を歩いてショートカットしたいと思います。かおりさんと山の休日さんが、
最近歩かれたレポを参考にさせて頂きました。絶好の山日和で、ハイカーさんとお話をしたりしながらの山歩き(^^♪

                         ※2020年2月2日のブログ

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます

【コースタイム】 10/25(日) ☀ 快晴 そよ風が吹いて爽やかな山日和 主人と2人
皇子が丘公園駐車場9:15~9:50長等山テラス~10:15四つ辻~11:25如意ヶ岳(昼食)11:55~12:15雨社~12:50(P381)
~13:15鉄塔(休憩)13:30~13:55毘沙門堂~14:15JR山科駅14:17→JR大津京駅~14:40皇子が丘公園駐車場

         9:15 皇子が丘公園の駐車場を出発、快晴で気温は14℃、朝起きた時は10℃で寒かった

                駐車場南側出口から右に長い階段を登る。先行の登山者が3人

        湖西道路をまたぐ朱塗りの橋を渡る。昨日は事故で7時間半も通行止めだったそうです

                直進の早尾神社には行かず、左に曲がる。右に行くと千石岩です

                       左の山上不動に下る。2回目なのでスムーズ

                            山上浪切不動尊にお参り

         沢沿いの細い道を行くと直ぐ湖西道路の橋梁があり、橋梁の手前右側に登山口がある

                急坂を登ると直ぐ歩きやすい道になり、杉林の先はきれいな竹林

              明るい尾根道を気持ちよく登る。珍しく5人の女性グループを抜かした!

9:50 長等山テラス、ベンチがあり琵琶湖側の眺めが素晴らしい。後から来た人に個人の方が造られたと教えて貰う

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                         南東方向、大津港、浜大津から音羽山

            東方向、眼下に皇子山総合運動公園。右奥に大津プリンスホテルと近江大橋

       北東方向、大津京、唐崎、坂本の市街地、左奥に琵琶湖大橋、三上山と鈴鹿山系も見渡せる

  左から皇子山球場、多目的運動公園、皇子山陸上競技場、左手前の長方形がいつも利用しているテニスコート

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
            北方向、左は皇子山カントリークラブ、中央に千石岩、右後方が比叡山です

                        千石岩・・・今日はクライマーの姿はない

      右に皇子山カントリークラブのゴルフコースを見ながら登る。ちょうどプレイ中で気持ちよさそう(*^_^*)

                   10:05 長等山の三等三角点(370.3m)に到着、展望はない

                      10:15 四つ辻を右に曲がり、如意ヶ岳に向かう

                        爽やかな晴天で木々の緑が輝いている

  10:35 鉄塔 (山城北線45) 、2/2に親子連れが右に曲がり車道へ行かれたので、私たちも行ってみる事にする

    車止めの柵の横を通り、皇子山カントリークラブから比叡平に続く車道に出た。結構な数の車が通る!

左に登って行くと直ぐ左側に車道があるが鉄柵があり行けない。如意ヶ岳から車道を下ると多分ここに来るのだろう
仕方なく鉄塔に戻る。クワッ、クワッ、野鳥の鳴き声が聞こえたので探したらアカゲラがいた。無駄足ではなかった♪

               鉄塔から右の細い道を行く。結局如如意ヶ岳へは直進するしかない

                 アーチ状の木は、上の方にだけ枝を伸ばして葉を茂らせている

          10:55 灰山庭園跡、ここで単独の女性に道を聞かれる。地図を持っておられず驚いた

     11:00 この標識の所、前回は標識通りに直進して倒木地帯を歩いたが、今日は右に曲がる道をたどる

直ぐ上にガードレールがあり、潜ると無事車道に出られた。単独の男性がおられ、直進して倒木地帯を歩いたそうだ

彼は上の方で車道に出てから、確認のため此処まで戻って来られたとの事、車道から見下ろした倒木地帯の登山道

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
      11:16 車道を歩いて前回出てきたガードレールの隙間に到着、南東に琵琶湖と近江大橋が見える

                   南西に、音羽山、稲葉台から山科の市街地が見渡せる

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   初めて知ったススキの花・・・黄色は蕾で白いのが雌蕊

11:25 如意ヶ岳の広場に到着、今日も日向ぼっこをしながらおにぎりをほおばる(^^♪ 暖かいので展望は霞んでいる

      11:55 出発、現在は使われていない航空保安施設の中に、如意ヶ岳(472m)の山頂があるそうだ

 施設の金網の横を通り、西側の入り口から写す。この先で偶然、山の休日さんとミーとマンさんにお会いする(^^♪

     12:10 三叉路の分岐標識 ※如意越は、京都鹿ケ谷から、如意ヶ岳の北側を経て、三井寺に至る古道

三井寺方向の道から単独の男性が来られた。山科の諸羽神社から登って来たそうでP381も通過されているみらしい

  12:15 雨社大神に寄り道する。如意ヶ岳からはハイカーが多くなったが、大文字山はもっと凄い人数だろうな?

         雨社の十字路、直進は大文字山、右が雨社、左がP381から毘沙門堂に下る道です

         少し行くと斜面を切った道があり、先程男性が歩いているのを見ていた。ここを右に行く

                        すぐにしっかりした杉林の登山道になる

                       照葉樹林の明るい尾根道をどんどん下る

          12:50 P381と思われる場所に来たが、かおりさんのブログにあった標識が見つからない

                   前の木の幹に四ノ宮と書いてあるので、ここは直進する

 すぐに2本の赤テープが見つかり、交差する道があった。右が毘沙門堂、左が諸羽山、四ノ宮へ続く道だと思う

                        右に曲がり進むと赤いリボンがあります

             毘沙門天と書かれていて、山の休日さんのホームページに記載がありました

                        水で掘れた道が延々と続き、退屈です(^^;

             13:15 鉄塔(荒神口42)で途中休憩、下の電線が輪になっているのが珍しい

                      水道の施設らしい建物を右に見て左に曲がる

                    荒神口42、蹴上№5、直進は大文字山と書いてある

               ここから車道を歩く。日当たりの良い場所でモミジが色づき始めている

          毘沙門堂の分岐、右から下ってきた。左は双林院、大文字山登山道と書いてある

               13:55 毘沙門堂参道の石段、モミジの名所ですが、まだ青々している

      安朱橋から琵琶湖疏水を眺める。14:15 JR山科駅に到着、14:17発の湖西線に乗り大津京駅下車

         皇子が丘公園は、休日を楽しむ家族連れでにぎわっている。イチョウはほんのり黄色に

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                 14:40 皇子が丘公園の駐車場に到着、一日良いお天気でした

 素晴らしいお天気が続いていて、付き合ってくれた主人に感謝(*^_^*) 27日はMさんと武奈ヶ岳に行く予定です♪

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック