八王子山・第1なぎさ公園カンザキハナナ 2021年1月20~21日2021年01月21日

20日は天気予報が☀で孫のお迎えも要らないので、主人と比叡山に行くつもりでした。朝起きたら気温は氷点下で、
空は厚い雲で覆われ、ちょっと時雨れている!仕方なく山は中止したが、午後から晴れてきたのでまだ行けていない
日吉大社へ初詣に出かけ、ついでに八王子山にある奥社までお詣りして帰宅、気持ちの良い散歩ができました。
21日は予報通り☀車で堅田から琵琶湖大橋を渡り、守山市の今浜にある第1なぎさ公園へ菜の花を見に行きました

    1/21(木) ☀ 最低気温-2.6℃ 霜が降りて屋根は真っ白 快晴、無風で最高気温は8.1℃ 単独

               ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます・・・11枚続きます
 10:45 第1なぎさ公園(守山市) 駐車場は35台、満車だったが出る車がありラッキーでした。真っ青な空が綺麗~☆

               周りの花びらが少し枯れ始めていて、アップで写すには遅かったです

           カンザキハナナ(寒咲花菜)・・・面積約4,000㎡に、約12,000本が植えられています

遊歩道があり、人が少ないのでのんびり歩けて気持ちが良い。畳2畳弱? 大きなキャンバスに絵を描く人が1人!

             琵琶湖をビアンカが進んでいてズームで写すが、あっという間に通り過ぎた

            堤防でビーカーを押して歩くお母さん・・・ほのぼのした感じが絵になります~♡

今日は久しぶりに一眼レフカメラ持参です。多くのアマチュアカメラマンさんがそれぞれ工夫しながら撮影されている

     菜の花畑の間にも道があり、そこから撮影します。堤防を歩くご夫婦は赤ちゃんを抱っこしています

            堤防の上から、北北西に比良の山並み、権現山~蓬莱山~堂満岳~釈迦岳

琵琶湖とエリ漁の網、後方の白い山は、左がホッケ山、右が蓬莱山、私の山の記録を調べたら、1996年と1997年の
1月に農地整備された所(中央四角)から薬師滝、小女郎谷を登って、大雪をラッセルして小女郎峠に登っています!
雪の蛇谷ヶ峰山頂直下でテント泊をしたこともあり、雪山登山やスキーを楽しんだ40~50歳の頃が懐かしいです~♡

11:25 日差しがぽかぽか暖かいので長居をしました。かおりさんのブログを見て宿題だった場所に来られて良かった

     1/20(水) ☁のち☀ 大津市の最低気温-0.7℃ 最高7.2℃ 午後は暖かかった。主人と2人

大宮川観光駐車場に車を止めて出発、13:20 日吉大社の鳥居、成安造形大学の学生さんが描かれた丑年の大絵馬

        山王鳥居・・・日吉大社のシンボルで、合掌鳥居とも呼ばれる。神仏習合の信仰を伝える

 西本宮楼門・・・軒下四隅のお猿さんが、屋根を支えながら見張りをしている ※神猿(まさる)は魔よけの象徴
 日吉さんと言えばお猿さんで、我が家の孫も、初詣のときに子供守を頂き、お猿さんのおみくじを引きます(*^_^*)

拝殿からお詣りします。今年は蜜を避けて、今日が初詣です。2人の娘の七五三、2人の孫のお宮参りなどもここです

        西本宮本殿・・・国宝、祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)、1586年造営、日吉造(ひえづくり)

   宇佐宮本殿、5年生の孫娘の七五三詣り、3歳の時は参拝者が多くて、ここでご祈祷、ビデオが残っています
   大津絵の鬼の絵を見て、鬼の発音が「ワニ、ワニ」でとっても可愛かったです。思い出話ばかりで歳ですね(^^;

            13:35 三宮、牛尾宮遥拝所の階段を登り、八王子山にある奥社に向かいます

  作業車が通れる九十九折れの急坂を登る。主人が数えたら、8回曲がったそうです。気温が低いので快適です

                  大岩がある石垣横の階段を登ると、もうすぐ奥社に到着

13:55 奥社の三宮(左)、牛尾宮(右)・・・三間社流造、本殿と拝殿が合体した形、後方の八王子山の標高が381mです

金大巌・・・10m程の大岩、大山咋神が東本宮に祀られる以前に宿っていたとされる岩で、日吉大社の始まりの場所

                  ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます・・・5枚
                 今日は空気が澄んでいて、青空とブルーの琵琶湖がきれい

                       後方の白い山は、鈴鹿の御池岳と藤原岳

               14:05 下山開始、少し下った展望地から、伊吹山と霊仙山が見える

            今年湖北は雪が多く、伊吹山は真っ白、手前に沖島と琵琶湖大橋が見える

                       三上山の後方に鈴鹿の雨乞岳と鎌ヶ岳

  山王祭の牛の神事(4/12)・・・担ぎ手は奥社から山麓まで2基の神輿を担いで、標高差200mの道を駆け下りる

14:25 遥拝所の階段到着、東本宮の楼門を潜り、樹下宮本殿・・・以前は霊泉の井戸からご神水を採っていたそうだ

      東本宮本殿・・・国宝、祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)、1595年造営、日吉造(ひえづくり)

       多羅葉(タラヨウ)の雌株・・・ハガキの木と言われ、葉の裏に字が書ける。後方に拝殿と楼門

   14:35 大宮川観光駐車場に戻る。1時間半ほどの散策でしたが、氏神さんにお詣りが出来て良かったです

コメント

_ 山の休日 ― 2021-01-24 15:51

chikaさん こんちにわ
こちらこそよろしくお願いします。
カンザキハナナレポ拝見しました。
コロナを吹き飛ばしてくれそうに暖かく咲いていますね!

大阪府民への外出自粛に続いて二府一県に緊急事態宣言が発出され
ステイホームをしていました。
まだ宣言継続中ですが、健康維持(理由付け)の為、近隣の散歩程度であればいいだろうと困った時の里山交野山を歩きはじめました。
ちなみに交野山は自宅より15分程で行けます。

三時間程度の散歩(山歩)ですがストレス解消になります。
雪山が恋しく比良へ遠征したいのですが、宣言されていない滋賀には大阪ナンバーの為
行き辛くもう少し我慢します。

早くコロナが終息してほしいものです。

_ かおり ― 2021-01-25 14:15

chikaさん~ こんにちは。

3日ぶりの晴天ですネ。暖かくてポカポカ、雨続きに比良の
雪も殆ど融けたかもです。
21日なぎさ公園へお出かけですね。青空と白き比良の山々のコントラストに
カンザキハナナの黄色い絨毯は絵になる光景です。
お天気がよかったので散策される親子連れなど多かったかと思います。
冬真っ只中ですが、ここは一足早い春の陽光に溢れてほっこりさせられますね。
お写真拝見すると少し盛り上がるホッケ山にV型に切れ込む小女郎峠がよく判ります。
以前、山仲間3名で雪のホッケ山から尾根伝いに蓬莱駅まで新雪に嵌り込みながら
ホウホウの態で日暮れ近くに駅に辿り着いたのを思い出します。

_ chika ― 2021-01-25 14:58

山の休日さん、こんにちわ
我慢の日々が続きますが、ストレス解消に近郊の山歩きは良いですね。
自粛に関しては、各々の感覚が違うので、自分の気持ちに従うのが一番だと・・・
私は怪我をして迷惑をかけないように、無理はしないでと考えています。

3日間続いた雨の後で、今日は晴れて春が来たかのような暖かさですね。
午前中は気持ちよくテニスが出来ました。元気で運動できるのが有難いです。

昨年の様に、また比叡山や比良で皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

_ chika ― 2021-01-25 20:06

かおりさん、こんばんわ
今日テニスコートへ行く国道から見た比良の山は、稜線に少しだけ残雪があるのみでした。
最良の日に登られて良かったですね(^^♪

かおりさんもホッケ谷で雪と格闘された事がおありなんですか。
主人と小女郎谷を登った時は、1度目は撤退し、翌週に再挑戦しました。
四国から来られた山岳会のメンバーに途中からラッセルを交代してもらい、
何とか小女郎池まで行けて大喜びしました。

もう昔のような大雪にはならないのでしょうね?
子供が小学生の頃、家の庭で、かまくらや雪の滑り台を造ったのが懐かしいです。、

_ しーちゃん ― 2021-02-01 07:24

chikaさん、レポート拝見しました。
寒咲ハナナと雪を纏った比良の稜線が名画を見るようで、きれいに写されていますね。
大雪をラッセルされたり、
雪の蛇谷ヶ峰山頂直下でテント泊されたり、意欲的に山を楽しまれていますね。

自粛中ですが何とか密を避けるように、昨日は大文字山へ行ってきました。

_ chika ― 2021-02-02 16:48

しーちゃん、こんにちわ、コメントをありがとうございます。
何でもチャレンジできた45歳からの20年間に、いっぱい思い出が詰まっています。
私にもまだ未来があるので、これからも出来る範囲でチャレンジをしたいです(^_-)-☆

日曜日は定番の大文字山に登られたんですね。後程レポを拝見に伺います。
私は主人と比叡山を周回で、帰りは疲れてしまい、娘にアッシー君を頼みました(^^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック