石積みのある門前町坂本 2017年11月24日2017年11月24日

きれいな青空が広がったので、家事を済ませてから、近くの日吉大社へ散歩に出かけました。早朝は風が冷たくて
寒かったのですが、今は10時半・・・暖かくてお散歩日和♪ 穴太衆積みのある門前町坂本を少しだけ歩きました。

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
山王総本宮 日吉大社は紅葉の名所です。左横の長い階段を登ると、比叡山の根本中堂に行けます。(本坂コース)

          鳥居をくぐると八王子山が見えます。八王子山から比叡山に登る登山道もあります

八王子山にある三宮宮(左)と牛尾宮、春の山王祭では、暗闇を松明を頼りに、御神輿を担いで急坂を駆け下ります

                 今年5月に孫2人を連れて、2回目の八王子山登山をしました

         奥宮の牛尾宮と横の大岩、孫たちはここで食べるお弁当とおやつが楽しみです(^^♪

                          奥宮から琵琶湖の大展望(5/1)

     話がそれましたが、日吉大社は参拝せず鳥居に戻ります。鳥居の前は広い道(日吉馬場)で、
     JR比叡山坂本駅や京阪坂本駅に行けます。道を渡ると芙蓉園本館(旧白毫院)があります。

芙蓉園本館の前から、穴太衆積みの石垣の小道を見渡す。先の石の鳥居をくぐると、有名な鶴喜そばのお店がある

          芙蓉園の横から南に行き、権現川の横を東に下って、裏側から滋賀院門跡に入ります

                      きれいに手入れされた庭木とモミジの紅葉

  滋賀院は延暦寺の本坊で、狩野派の障壁画と小堀遠州作の庭園が有名だそうです。次回は拝観したいです

                    滋賀院門跡の入口側は、白壁と立派な石垣の道

                        柵の間から手を伸ばして、山門を写す

                          山門から下る御殿馬場の道

                       滋賀院門跡の白壁と石垣の道を歩く

               穴太衆積みの石垣に苔が生えていて、モミジの落ち葉がのっている

                       このもみじは、葉っぱが小さくてかわいい

                        大富騎鈴神社手前の橋から振り返る

                         権現川のせせらぎと、里坊の紅葉

                   大津絵の行燈・・・11月26日までライトアップされている

        大津絵の鬼・・・孫が七五三の時に、鬼が言えず「わに、わに」と呼んでいたのが懐かしい

                日吉馬場の広い道に戻ってきました。平日は人通りが少ないです

この参道は、春には山桜、染井吉野、紅しだれなどが咲きます。4月上旬の山王祭の頃が見頃で、御神輿も通ります

                    モミジの見頃は少し過ぎた様ですが、これは真っ赤!

          日吉馬場北側の小道を西に戻ります。周辺のお寺は、すべて延暦寺の里坊です

       比叡山 律院の山門、お詣りの方はどうぞ自由にお入り下さい・・・と書いてあるので入ってみる

                             きれいな石積みです

                                律院 庫裡

 律院 本堂、毎日11時から護摩焚き祈願があるそうです。今日は16時からなので、私は書いて受付にお預けした

              きれいに手入れされたお庭、時間があったらもっとゆっくり拝見したかった

                               律院 護摩堂

                    大きなもみじの木と池、お昼時なのでもう帰らないと~

          大宮川観光駐車場から、琵琶湖と三上山、後方の鈴鹿の山々は薄っすら雪化粧している
          19日に比良も初冠雪、20日は山頂付近が真っ白だったが、昨夜の雨で融けたみたいです

16~17日に、母と琵琶湖一周ドライブしました。湖北野鳥センターの情報で、近くの田んぼへコハクチョウを見に行く

数えたら78羽いました。灰色は幼鳥です。山本山のオオワシの飛来予想を24日にしましたが、まだ来てないみたい

16日に伊吹山が初冠雪し、17日に湖周道路から確認しました。いよいよ冬山シーズンの始まり~今年は行けるかな