木星と土星が超大接近 2020年12月21~22日2020年12月21日

12/21(月) 先日の朝日新聞に木星と土星が大接近すると言う記事が掲載されていました。
21日の日没1時間後、南西の低い位置に見えるそうです。午後6時の夕食を遅らせて、孫娘と2階の窓から観察~♪
木星は南西の比叡山稜線のすぐ上に明るく輝いています。暗闇に目が慣れてくると右上に暗くて赤い土星も見えて
孫娘と2人で大喜び(^_-)-☆ 孫は視力が良いので直ぐに見つけました。三日月さんと天頂に輝く火星も綺麗です。
主人に知らせると双眼鏡を貸してくれて、今度はしっかり2つの惑星が見えました。
フィールドスコープも調節してくれて覗くと、木星の両横にガリレオ惑星も3つ見えて感激です。
天体望遠鏡を準備していなくて残念でしたが、今夜は晴れて空気も澄んでいたので、素敵な天体ショーが見られて
ラッキーです。397年ぶりの超大接近だそうで、私には一生に一度の観望会ですね(^^♪ 次は60年後だそうです。

12/22(火) 今夜も晴れているので、午後5時半に2階の窓から観察する。午前3時に大接近して今は少し離れている
昨夜は、木星のすぐ右上に土星があって、肉眼で見るのは大変でした。今夜は木星の右横に土星が並んで見える。

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
     5:38 比叡山の山際はまだ少し明るい。木星はマイナス2等星から3等星なので、すぐに見つかります

           今夜は、木星の右横に土星が肉眼でもはっきり見える。土星も約0等で明るいです

    画像を拡大すると綺麗に並んでいる・・・昨夜は木星の右上直近に土星があり肉眼だと判りづらかった

国立天文台 ホームページの説明を私の記憶用に転記します。
12月22日3時頃に、木星と土星が今期で最も接近します。しかし日本ではこの時間帯には2つの惑星は地平線の
下にあるため、見ることが出来ません。日本で最も近づいた状態で観察できるのは、21日の日の入り後です。
2つの惑星は、満月の見かけの直径の約4分の1(約7分角)にまで接近して見えます。望遠鏡を使うと木星、土星に
加えて木星のガリレオ惑星も同じ視野に捉えることができ、見ごたえがあるでしょう。22日の日の入り後も
ほぼ同じように観察できます。高度は低く、東京で15度もありません。見晴らしの良い場所での観察をお勧めします。

20日は、久しぶりに主人と千野を散歩、人も車も少なくて、きりっとした冷たい空気をいっぱい吸い込んできました♪

                                フユイチゴ

                                ヒメジョオン