秋田駒ヶ岳 2017年6月27日2017年06月27日

2日目の天気予報は☀お花畑と展望が素晴らしい秋田駒ヶ岳に決める。東北は6月のお天気が不順で花の開花が
10日以上遅れているそうだ。チングルマの群生で人気のムーミン谷は、ほとんどが雪の中らしい。当初は国見温泉
から登る予定だったが、駒ヶ岳八合目までバスで行って、花が見頃を迎えている阿弥陀池の周遊コースに変更した。

                   ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                        阿弥陀池のチングルマと男女岳

   今回の東北遠征で、一番見たかったヒナザクラ・・・雪融けの遅いのが幸いしてちょうど見頃を迎えていた

                    焼森のタカネスミレ・・・この花も開花が遅れていた


【コースタイム】 6/27(火) ☀ 爽やかな快晴のお天気で、気持ちの良い山歩きが出来た
八幡平ハイツ(ガイド車)7:30→アルパこまくさ(シャトルバス)9:27→9:52駒ヶ岳八合目10:20~11:10片倉岳展望台
~12:25阿弥陀池 阿弥陀小屋(昼食)13:00~13:23横岳~13:40焼森~14:45駒ヶ岳八合目(シャトルバス)
→15:05アルパこまくさ→15:30秋田田沢湖 山のはちみつ屋16:00→道の駅雫石あねっこ→18:00八幡平ハイツ

秋田駒ヶ岳に登るなら、田沢湖温泉か乳頭温泉で泊まるのが良いが、移動があるので雨でも登らないといけない^^;
八幡平温泉郷から、駒ヶ岳八合目まで、車とシャトルバスで2時間半かかるのを承知で、お天気の日を選びました。

    6:45 朝食、7:30 ホテル出発、7:55 車窓に岩手山と八幡平が見える。周辺は牧草地と畑が広がる
    いつもなら早出早帰りで、朝食は断り6時頃出発・・・今回のガイドさんは朝食を食べて良いと(*^_^*)

   9:20 田沢湖高原 アルパこまくさの駐車場に到着、シャトルバスは往復で\1,240、9:27 ほぼ満席で出発する

                   ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
       今日は素晴らしい晴天で、駐車場から鳥海山が見えた。雪模様がきれいな山容に感動する

       9:52 駒ヶ岳八合目(1,310m)バス停に到着、女子トイレに並び、準備運動をして、10:20 出発する

          今日は新道コースから阿弥陀池に行きます。山の斜面は春の装いで、新緑が眩しい

                         ムラサキヤシオ・・・初めて見ました

                              モミジカラマツの蕾

  旧硫黄鉱山跡・・・翌日は、八幡平アスピーテラインから、松尾鉱山跡、鉄筋コンクリートのビルの廃墟も見た

                      ミネザクラ、ここは春爛漫、桜の季節です♪

                          イワカガミもいっぱい咲いている


                                オオカメノキ

              オオバキスミレ・・・今日は3種の黄スミレを見られるそうなので楽しみです

                      一ヶ所だけ、小さな雪渓をトラバースしました

       展望が開けて、乳頭山への縦走路と岩手山が見えてきた。右下は、駒ヶ岳八合目の駐車場

            オオバスノキ・・・葉っぱが酸っぱいそうで、ガイドさんは度々食べておられた!

                           イワテハタザオ(イワハタザオ)

                              ノウゴウイチゴ

              11:10 片倉岳展望台(1,456m) 男女岳の右側を廻りこんで、裏側に行く

   手前から笹森山、湯森山、笊森山、乳頭山、右奥のシルエットが岩手山・・・乳頭山への縦走がお薦めらしい

                              ベニバナイチゴ

                             マルバシモツケの蕾

                              ミヤマダイコンソウ

                               白いイワカガミ

                      今日歩いた登山道で、白いイワカガミはここだけ

                   ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                        田沢湖と、左の白い雲の中に鳥海山

                田沢湖は水深が日本一(423,4m) 風がないので湖面が鏡のよう

                               右奥に森吉山

             ニッコウキスゲの葉っぱ・・・花の時期には、各所でお花畑が見られるそうだ

             満開のミネザクラと男女岳、ホンシャクナゲの蕾とコヨウラクツツジもある

                         コヨウラクツツジの、ちっちゃな花

                      イワカガミ、普段見るより花の背丈が低い

                廻りこむと木道になり、秋田駒ヶ岳の主峰、男岳(1,623m)が見えた

                     早速、チングルマのお花畑(^^♪ 後方は男女岳

                      キバナノコマノツメ・・・2つ目の黄スミレ発見

                      ミヤマキンバイと、男岳から横岳に続く馬の背

                  チングルマのお花畑の向こうに、阿弥陀池と阿弥陀小屋

             咲いたばかりで真っ白い花びらがきれいなチングルマ、蕾もいっぱいある

小石の上に白いヒナザクラ、こんもりした所にチングルマとガンコウラン、黄色はミヤマキンバイ・・・写真では無理^^;

                                イワウメ

                             ヒナザクラと男女岳

                   ヒナザクラは、少し水が流れる小石の上に咲いている

            花の時期が遅れて、ヒナザクラが見頃だったのは、本当にラッキーだった(*^_^*)

12:25 、阿弥陀池避難小屋(1,530m)の前で昼食、平日にしては登山者は多いが、意外に静かです。 阿弥陀池と男岳

    男女岳(女目岳 おなめだけ 1,637m)・・・片倉岳の肩に隆起した若い寄生火山で、秋田駒ヶ岳の最高峰

           男女岳は30分で登れるが、ムーミン谷に行くなら時間が足りなくなるので諦める

                  阿弥陀小屋から岩手山、ミヤマキンバイが小屋の前に群生

                       ミヤマキンバイ・・・鮮やかな黄色い花

             13:00 横岳からムーミン谷の残雪の様子を見ることにして出発、タヌキラン

                        ハリブキ・・・茎にとげがいっぱいある

                             ミドリユキザサの蕾

                  10分で稜線に出ると、男女岳と阿弥陀池がきれいに見える

                          左には、主峰の男岳と馬の背

火口丘の女岳(1,512m)と小岳、火口原・花の馬場の小路は、通称ムーミン谷と呼ばれ、チングルマのお花畑になる
雪渓の傍に木道があり、例年なら花の時期を迎えている筈が、今年はほとんどが、まだ雪の下で花は来週あたり?

小岳(1,409m)の左に、ムーミン谷の木道が続いている。左の大焼け砂にコマクサが咲くと、斜面はピンク色に染まる
上の尾根は横長根と呼ばれ、岩手県側の国見温泉口から登ると、この尾根を通って阿弥陀池まで、2時間半かかる

                        尾根道から田沢湖(左)と阿弥陀池

                          男女岳、新緑と雪渓の白がきれい!

              尾根道の足元のちいさな花、イワカガミ、マイヅルソウ、ミヤマキンバイ

13:23 横岳(1,583mm)  ムーミン谷の花はないと見て、大焼け砂に下らず、焼森のタカネスミレを見に行く事に決める

           焼森は直ぐそこなので、男女岳に登ってからでも良かったかも?とちょっと後悔^^;

                  コケモモの蕾とガンコウランの葉・・・どちらも実が美味しい

                          コマクサが一つだけ咲いていた

                   13:40 焼森(1,551m) 広々とした台地と向こうに岩手山

                      早池峰山も遠望・・・今日は本当に良いお天気

                            イワブクロの葉っぱ

                  焼森から下る斜面には、タカネスミレが一面に咲いている

                 タカネスミレ・・・今日3つ目の黄スミレで、葉っぱに光沢がある

                         タカネスミレの群生は、凄かった!

                   ミヤマダイコンソウ・・・焼森からは、火山礫の下りが続く

                  14:00 ベンチがあったので休憩、ここから石畳の道を下る

                       コバイケイソウの蕾、今年は不作の様だ

                       残雪があり、シラネアオイが咲き始め

              赤倉沢の源流部、ちいさな沢を渡る。少し前まで雪があったみたいです

                    登り返しの斜面に、濃いピンクのショウジョウバカマ

                              シラネアオイの蕾

                            サンカヨウも咲き始め

                               ハリブキの花

                 焼森コースはシャクナゲ通りとも呼ばれ、ホンシャクナゲが多い

                               ハクサンチドリ

14:45 新道コースに合流し、駒ヶ岳八合目に到着する。ちょうどシャトルバスが出発する所で、助手席に乗せて貰った

    15:05 アルパこまくさ着、時間が早いので、秋田田沢湖 山のはちみつ屋に寄り、はちみつソフトを食べた
    18:00 八幡平ハイツ着、温泉に入り、19:00 夕食 生ビールで乾杯!今夜は皆元気で、お料理も美味しい

                   岩手県産牛ロースと八幡平杜仲茶ポークのせいろ蒸し

今日は楽々登山で、お花がいっぱい見られて、展望も抜群(*^_^*) 明日は早池峰山なので、気を引き締めて就寝☆

コメント

_ 摩耶山さん歩 ― 2017-07-07 09:29

残雪に 沢山の高山植物。
8時間歩きの 翌日に頑張られましたね。
すごいなぁ。
個人登山で コースを決めるのが大変だったのでは!
さすがに 慣れておられますね。
準備に相談時間など たくさん取られたのかしら?
いや、すばらしいです。

_ しーちゃん ― 2017-07-07 18:47

二日目は、残雪とお花巡りですね。
山の雄姿と可憐な花々に魅了されました。

溶岩の道に咲くミヤマキンバイ、自然がほんとに美しいです。

_ chika ― 2017-07-08 00:07

てるみさん、長いレポを見てくださってありがとうございます。
秋田駒ヶ岳は、花がきれいなので、是非行きたかった山です。
皆の体力を考慮して、八合目からの周回に変更しました。

今回は、八幡平観光協会のホームページを参考にして、
行ける山を決めて、1月に地元のガイドさんに申し込みました。
ガイドさんは、行き先とコースを柔軟に対応してくださったので、
何度か連絡を取っただけです。

_ chika ― 2017-07-08 00:15

しーちゃん、何度もコメントありがとうございます。
秋田駒ヶ岳は、のんびり周回コースだったので、
いっぱい花の写真を撮ってしまいました(*^_^*)

阿弥陀池避難小屋周辺は、火山礫がむき出しになっていて
ミヤマキンバイの群落は素晴らしかったです。
ムーミン谷のチングルマを見に行く予定だったのが、雪融けが遅れていて、
予想外の、ヒナザクラとタカネスミレを見る事が出来ました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック