八幡平 2017年6月28日2017年06月28日

ホテルの朝食はバイキング形式で美味しい(*^_^*) 宿泊地が変わるので荷物を整理して、勇んでガイドさんを待つ。
「早池峰山は、明日の方がお天気が良いので、今日は八幡平にしましょうか?」 昨夜の天気予報は、晴れ時々曇り
だったので、皆さんがっくり!でもガイドさんの予報を信じて、今日は八幡平に行く事にした。結果はオーライ(*^_^*)

                   ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
     八幡平は秋田県と岩手県の県境にある高原大地で、7月のニッコウキスゲとワタスゲが綺麗です

                八幡平も今年は残雪が多くて、ガマ沼はきれいな雪渓を映している

【コースタイム】 6/28(水) ☀時々☁ 今日から少し蒸し暑くなってきた。八幡平は涼しいが、昼の安比高原は暑い!
ホテル(ガイド車)7:30→黒谷地バス停(P)8:30~9:10黒谷地湿原~10:30源太森~11:30八幡沼~11:55八幡平頂上
~12:30八幡平山頂レストハウス(昼食)(県北バス \170)12:45→13:05黒谷地バス停(P)→14:10安比高原 おくの牧場→14:35ぶなの駅(P) ブナ二次林散策15:30→15:42安比高原ペンション もっきんばーど(風呂 18:30 夕食)

八幡平アスピーテラインをドライブして、黒谷地バス停(P)に到着、茶臼岳登山口から登るつもりだったので尋ねたら
茶臼岳の登山道は残雪があり、花も咲いていないのでパスするそうだ! 8:30 いつものように準備体操をして出発

                標識右の湿原に、ヒナザクラの群落!丸い葉はイワイチョウです

                                ミネザクラ

                              モミジカラマツの蕾

                              ミヤマカラマツの蕾

                               オオバキスミレ

                             オオバタケシマラン

          木道、池塘、アオモリトドマツ、チシマザサ・・・私達だけの静かな湿原歩きが始まる

                       ミズバショウ・・・斑入りの葉っぱがきれい

                               シラネアオイ

      ヒナザクラの群生(^^♪ ガイドさんのお話では、八幡平の湿原は少しずつ後退しているそうだ

                                ヒメイチゲ

                  コバイケイソウの葉っぱの間に丸いふくらみが・・・蕾です

                   熊の泉、美味しい水なのでペットボトルに詰め替える

                              ヒメシャクナゲの蕾

                 湿原の水が流れる所に、ミズバショウがいっぱい咲いている

                   少し終わりかけだが、この時期に見られてラッキーでした

             9:10 黒谷地湿原の展望台、白いのはチングルマの花、池塘にミツガシワ

              ヒナザクラの下にモウセンゴケがびっしり! 白い花の蕾が伸びている

                           シロバナトウウチソウの葉

                             木道脇のミズバショウ

                              イワハゼの蕾

                              ベニバナイチゴ

                              コヨウラクツツジ

                            タカネナナカマドの新芽

                               ムラサキヤシオ

                          花の後から葉っぱが出てくる

                   イワナシ・・・ガイドさんのお話では、実が美味しいそうだ

                             オオバタケシマラン

                               イワカガミの蕾

                         エンレイソウとショウジョウバカマ

10:00 安比岳コース分岐、キヌガサソウ・・・源太森で逢った3人の男性は、この花の事を聞いてわざわざ戻られた!

樹林帯を抜けると広い斜面・・・冬は上の尾根に巨大な雪庇が出来て、どんどん下に崩れるので雪融けが遅いそうだ
残雪の所にムシトリスミレの群落、斜面はチングルマやニッコウキスゲが咲くそうだ。八幡平のお花は遅いんですね

           アオモリトドマツとダケカンバの樹林帯と、お花畑になると言う斜面を見下ろす

                             茶臼岳(右) 安比岳

  10:30 源太森(1,595m) 樹海の向こうに、左から秋田駒ヶ岳、ぼんやり月山、畚岳、薄っすら鳥海山、八幡沼

                            昨日歩いた秋田駒ヶ岳

                            八幡沼と広大な湿原

                  条件が良ければ、北に岩木山、八甲田山が見えるそうだ

                             ウラジロナナカマド

          タカネナナカマドの葉は、先が細くて縁に鋭い鋸歯があると、ガイドさんに教えて貰った

             花と間違ってしまった、アオモリトドマツの新芽、これだけしか成長しない!

                       ハイマツの紅い雄花と松ぼっくりの雌花

                 八幡平の広大な湿原に入ると、ヒナザクラが一面に咲いている

                            チングルマは咲き始め

                   ワタスゲの花・・・いつも穂を見ているので判らなかった

                                 サギスゲ

            池塘がいっぱいあって、ミツガシワの白い花がちょっとだけ咲き始めている

  ガイドさんが観察しているのは、池塘に半分ずつ住み分けるミツガシワとスゲ・・・写真でも、半分で色が違う

       水が流れている両側に、ミズバショウとピンクのショウジョウバカマ、厚い泥炭層の上にお花畑

                       ミズバショウの白い苞が水面に映っている

          青空を映す池塘を写したいが、雲が流れて日が差さない^^; 手前にヒナザクラの群落 

                   やっと晴れてきた(^^♪ 緑の葉っぱはコバイケイソウ

                          ヒナザクラは、これが最後でした

                       11:30 八幡沼の畔にある避難小屋「陵雲荘」

                      小屋の脇に、シナノキンバイとスダヤクシュ

          小屋から八幡沼を見下ろす・・・八幡平の湖沼群は、湿原とともに魅力の一つです

展望台から八幡沼、爆裂火口湖で水深22m、複数の火口が繋がって出来ているので、手前が浅い。後方に源太森

                       ガマ沼、雪渓が水面に映ってきれいです

                        風がないので鏡の様に美しい湖面

                             ガマ沼と後方に岩手山

                              ハクサンチドリ

ガイドさんがしきりに上を見てキョロキョロ?アオモリトドマツに実がないと話された。確かに大きな実が見つからない

                  11:55 八幡平頂上(1,613m) 高い展望デッキが造られている

これから歩く遊歩道と、アオモリトドマツ・・・冬の強風に耐えて、他の生育地より背が低いとの事。冬の樹氷も小ぶり

                            展望台から森吉山

                          下のと二つ合わせてメガネ沼

  鏡沼・・・5月下旬から6月初旬に残雪が龍の目の様になり、ドラゴンアイと呼ばれている。崩れてしまって残念^^;

                 ガイドさんに、きれいなドラゴンアイの写真を見せて貰いました

                     ちいさな火口の雪が融けるとお花が咲くそうだ

                                サンカヨウ

                               シナノキンバイ

12:30 八幡平レストハウスに到着、お腹がぺこぺこ、源太カレーを頂きました。12:45 県北バスに乗って、黒谷地口の
駐車場に戻る。午後はガイドさんの地元、安比高原に行きました。お天気が良すぎて、直射日光が暑くて堪らない!

14:35 ブナの二次林を散策、ミズナラとダケカンバが根元で合体している!蕨とりの人が居られて成果を見せて貰う

昭和初期に伐採された場所に、少しだけ残された母木から種子が落下して発芽し、現在のブナ林が出来たそうです
ほとんど陽射しが入らず涼しい。同じ風景なので方向感覚が判らず、10m毎にある標識がないと迷いそうです!

15:42 明日に備えて休養したいので、早めに安比高原ペンションエリアにある宿へ行く。広々した気持ちの良い所♪

ご夫婦で営んでおられ、手作りの籐家具がいっぱいのお洒落なペンションでした。2間続きを2部屋頼んで広々(*^_^*)

18:30 順番にお風呂に入り、ゆっくり明日の準備をする。夕食の前菜、お野菜のピクルスが美味しいし、ワラビもある

メインは、牛タンシチューと岩魚のパン粉焼き、岩魚がとても美味しかった。ほとんどが天然の岩魚だそうです(*^_^*)

安比高原は夜になると涼しくて寒い位!一部屋に集まって楽しいお喋り(^^♪2日間早寝したので今夜が初めてです

3日間、私達が歩いた山は、十和田八幡平国立公園に属していて、那須火山帯に含まれます。明日の早池峰山は、
北上山地に属し、古い地層が隆起して出来た隆起準平原、蛇紋岩の巨岩帯で、新しいお花が見られそうです(^^♪

コメント

_ かおり ― 2017-07-13 10:36

chikaさん~ お早うございます。

梅雨の合間を上手に利用されて東北へ4泊5日の花と展望の山旅拝見しました。
岩手焼走りでシラネアオイ、コマクサ、タカネスミレ等々を愛でられ翌日は秋田駒で
新緑と残雪が眩い中、目的のヒナザクラをゲットされミネザクラ、チングルマ、ミヤマキンバイ
タカネスミレの花々を満喫され、田沢湖眼下に遠く鳥海山遠望
八幡平ではミズバショウ、ヒナザクラ見ながら湖沼群を眺めての湿原歩き
最終日の早池峰山では蛇紋岩のゴロゴロした巨岩を歩いて見事ハヤチネウスユキソウに
バッチリ会えて感激されたことでしょう。更にイワウメ、ミヤマアズマギクなど
お花好きにはたまらない花三昧の数々、お天気にも恵まれ、これも事前の準備と
プランニング、計画表作成から実行。記録の整理で見事達成されましたネ
何はともあれ、お疲れ様でした。しばらくは余韻に浸る毎日かと思います。


当方も昔、夏の家族旅行で十和田湖から八幡平へ周遊の時、最終日に八幡平ハイツに
宿泊しています。その当時は山には本格的に登っていない時期だったのが悔やまれます。
ただ八幡平はハイキングコースなので山頂を踏んで山のいで湯、藤七温泉に泊まつた思い出があります。

今日も35度猛暑日とか・・・ 蒸し暑さにげんなりどす。

_ chika ― 2017-07-13 23:06

かおりさん、こんばんわ
愛宕山で、山歩き復活ですね(*^_^*)
毎日蒸し暑い日が続き、自宅にいても、山登りをしても大変です^^;
此方は孫が手足口病で、今週はバタバタしています。

東北の旅、4日間の長いレポを見て頂きありがとうございました。
今年は東北のお天気が不順で、花の開花が二週間遅れていたそうですが、
それでも、いろいろな花に巡り合えて、さすが花の名山だと感心しています。

八幡平ハイツは、以前公共の宿だったそうで、皇族の方の写真がいっぱいありました。
皇太子殿下は、学生の頃に度々来られていたみたいで、雅子様の写真もありました。
私達も、雨の日があったら、松川温泉か籐七温泉に行く予定でした。
幸いにもお天気の良い日が続き、温泉は八幡平温泉郷の単純硫黄泉で我慢です。
東北は、山も温泉も素敵なので、これからも行きたいと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック