ツール・ド・モンテローザ(14) グリンジゼー 2011年7月19~21日2019年03月14日

最終日のハイキングは、ロートホルンパラダイス~オーバーロートホルン~トゥフテルン~スネガの予定でした。
野生のエーデルワイスがたくさん見られるそうなので行きたかったが、天気予報が曇りのち雨と雷です^^;
昨夜相談して、標高2,000m以上の山上の湖を巡る3時間のハイキングコースに変更し、早目に下山します。

                        プルサティラ・ハレリ (オキナグサ属)

【行程】 ☁ のち☂
7/19 ホテル8:45~ツェルマット駅(GGB)9:10→9:30リッフェルアルブ9:35~10:45グリュンゼー~11:45グリンジゼー
12:15~12:50ライゼー~13:00スネガ(昼食 地下ケーブル)13:55→14:00ホテル15:00~ツェルマット散策~16:00ホテル
7/20 ホテル4:30(徒歩10分 タクシー)→5:30フィスプ5:54(IC)→8:20チューリッヒ空港10:15(OS0562便)→
11:40ウィーン空港13:30(OS0051便)→7/21 7:35成田空港8:50(成田エクスプレス8号)→9:52東京10:20(のぞみ223号)
→12:41京都
★GGB登山電車 CHF9(半額) スネガ地下ケーブルCHF8(半額) 昼食(スープ、サラダ)CHF14.5 お土産・・・
(レダラッハチョコレート)CHF49.3 (ウィーンでゴディバチョコレート、Mannerウエハース)€43 JR(成田→京都)\16,620

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
             イタリアの地図 1:25,000 №108 チェルビーノ (黄色い線が歩いたコース)

             7:00 部屋のベランダから白いマッターホルンの穂先が見えた・・・これが最後

                     7:30 朝食、ここで4回も食べたが美味しくて飽きない

             私はクロワッサン、チーズ、ミルクが特に好きだった・・・パンは2人分です

         8:45 出発、今日はAさんと3人で気楽に行きます。バーンホフ通りでヤギの行列に出逢う

                    9:10 2度目のGGB、マウンテンバイクが積んである

         9:30 リッフェルアルプ(2,211m)で下車すると、初めて日本人のグループと一緒になった!
         マッターホルン・グレッシャーパラダイスのロープウェイが休止でこちらに変更したそうだ

              線路を渡り標識を確認、グリュンゼー 50min 車道のような広い道を歩く

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
      左側に、マッター谷の崩壊地(赤↓)、ミシャベル山群のドム(青↓)、ロートホルンパラダイス(緑↓)
      これからフィンデルンの谷を遡り、3つの山上の湖を巡り、対岸に見えるスネガ(黄↓)まで歩きます

                    広く地面に根を這わせた大きな松がいっぱいある

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
  左側の谷の向こうに、リンプフィッシュホルン(4,199m)、シュトラールホルン(4,190m)、アドラーホルン(3,988m)
  ミシャベル山群の南端の山で、下はフィンデルン氷河、モレーンの台地にフルアルプ小屋(2,620m)が見える

                  リンプフィッシュホルン・・・魚の背ビレのような形をしている

  ドイツ語でレルヒと言うヨーロッパカラマツの樹林帯を歩く。花は終わっているがアルペンローゼが群生している

         サクシフラガ・ブリオイデス(ユキノシタ属)・・・1本の茎に単花、花弁に黄色い斑点がある

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                        今日はお花も一眼デジカメで撮影(^^♪

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
   谷を挟んで尾根の中程にスネガパラダイス、下はエッケンの集落、後方に薄っすらヴァイスホルンが見える

                 オルティリア・セクンダ (コイチヤクソウ)・・・10cm程でちいさい

          樹林帯から岩が積み重ねられた道に出る。きれいな緑色のレルヒとアルペンローゼ

       岩の道で展望が開け、今日行く予定だったロートホルンパラダイス(3,103m)が対岸に見える

              きれいに岩が敷き詰められた道、以前に崖崩れがあったのでしょうか?

              フィンデルン分岐(2,231m)の標識を過ぎると、レストラン兼ホテルがある

グリュンゼー分岐標識の左側から、大きなザックを背負った男女2人が来た。バックパッカーかな?まっすぐ行くと~

                     道がいくつもあって、妹は自由に駆け回る(^^♪

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
             10:45 グリュンゼー(緑の湖 2,300m)・・・深いエメラルドグリーンが美しい

             妹が湖畔に下りたのでカメラを向ける・・・きれいな水で透明度が凄いです!

            グリュンゼーとオーバーガーべルホルン・・・晴れていたら綺麗だったでしょうね

  日本人グループのガイドさんに道を教えて貰い、分岐に戻らず奥に進むとムシトリスミレの群落があった(^^♪

        ムシトリスミレ・・・5cm位の花が草地一面に咲いていて感激、3人でしばらく撮影会(*^_^*)

                ドリアス・オクトペタラ(チョウノスケソウ)・・・他の花はまだ蕾だった

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
グリュンゼーから車道に下る道の小さな沢沿いに黄色い花が咲いている。サクシフラガ・アイゾイデス(ユキノシタ属)

  車道の向こうにフィンデルン氷河の大きなモレーンが見える。モレーンの上に小屋あり下から道が続いている

    望遠でフルアルプ小屋(2,620m)・・・人気の小屋で近くのシュテリゼーは逆さマッターホルンで人気です

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
車道からロートホルンパラダイス(中 3,103m)、右がオーバーロートホルン(3,415m)、この後モレーンの下の道を歩く

                        オルティリア・セクンダ (コイチヤクソウ)

                        エピロビウム・フレイスケリ (アカバナ)

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
              車道の右斜面は一面のお花畑、背丈の低い花が咲き競っている(^^♪

         ディアントゥス・シルベストリス (ヒメギンナデシコ)・・・こんなかわいいナデシコは初めて見た

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
               車道の右にちいさな湿原があり、水面に白い石とレルヒの緑を映す

                          黄色い花はまるで点描のよう~☆

          11:25 黒い道標のある分岐を左に行き橋を渡る。遥か上流にフィンデルン氷河がある

川の奥に氷河が削った岩盤が見える。黄色い花はサクシフラガ・アイゾイデス(ユキノシタ属)・・・沢沿いに咲く花です

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
     石の河原や道沿いに、クモノスバンダイソウが群生、イトシャジン(青)、アンティリス・バレシアカ(白)

   橋でUターンして下流に進むと大きな岩が点在している。フィンデルン氷河の巨大なモレーンに圧倒される!

   モレーンの上に取り残された大岩・・・落ちてこないのかな? モレーンの上にもハイキングの道がある

                          ちょっと頑張ってみました(*^_^*)

                   ジムナデニア・コノプセア (テガタチドリ)・・・芳香性がある

  この道はマウンテンバイクが走れる。谷の向こうの山頂にゴンドラリフト駅が見えるので、ここも冬はスキー場?

             谷を挟んでリッフェルアルブから歩いた道、ゴンドラリフトの下の駅が見える

     しばらく行くとモレーンにつけられた直線の登り坂になる。途中マウンテンバイクとジープを避けた

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
            横を見ると岩の上にちいさなお花畑・・・ポリガラ・アルペストリス (ヒメハギ属)

                           イワガスミ (ハナイトナデシコ)

                  車道の途中に分岐標識があり、グリンジゼーは右に曲がる

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                  11:45 グリンジゼー(2,334m)、ちいさな湖で湖面は深い緑色

                    風がないので鏡のような湖面に大岩が映っている

           上流に3本の滝がありハイカーが歩いている。シュテリゼーから流れ落ちる滝です

           私達も反時計回りで対岸に行ってみる。レルヒが林立する素敵な小道を歩く(^^♪

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
       ここはマッターホルンを眺めるビューポイントです。残念!素敵な場所なのでしばらく休憩する

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
   プルサティラ・ハレリ(オキナグサ)・・・花は淡紫色、この花はまだ蕾です。茎、葉ともに白毛で被われている

         湖畔にいくつも咲いていて感激です。いつも穂ばかりなので花に出逢えてうれしい(*^_^*)

     一輪だけ花びらが開いていて花芯が見える。雄しべが多数あり、花柱は花の後長く伸びそう果に・・・
                   集合果が老人の白髭のように見えるのでこの名前がある

                       14日にガビエットで見たオキナグサの穂

12:15 雨が降り出したので傘をさして出発、急斜面を登り高台に出ると下にモスジゼーが見える。下はフィンデルン谷

後は斜面を巻くようについた道をどんどん下る。エッケンの集落手前のスネガ分岐を右に行く。風雨ともに強くなる!

     12:50 ライゼー(2,232m)、今日歩いた中で一番大きい湖・・・前回は晴れていて水遊びをする人を見た

       13:00 スネガ(2,288m)に到着、ハイキング標識を見ると凄い数がある。また歩きたいな~☆

                      2007年7月・・・スネガ展望台からマッターホルン

     レストランで昼食、混んでいてほぼ満席!セルフサービスのお店に美味しそうなものがいっぱい(^^♪

                 良く冷えたサラダと温かいスープ・・・どちらも美味しい(*^_^*)

                広くてきれいなレストランですが、混んでいたので天井部分だけ

  13:55 地下ケーブルカー「スネガ・エクスプレス」で3分、ツェルマットに戻る。ホテルは直ぐ前なのでラッキー!
  15:00 バーンホフ通りにあるレダラッハの量り売りチョコレートを買いに行く。その後ホテルに戻り荷造りをした

19:00 ホテルのレストランでガイドさんと4人で最後の夕食、イタリア料理でとても美味しい(^^♪ 野菜の濃厚なスープ

                      サーモンソテーとリゾット・・・お米の硬さが絶妙

                        鶏のソテーは直火で焼いてあり香ばしい

                       ちょっと酸味のあるシャーベット(カシス?)

           20:50 ホテル・シュミネーの素敵なオーナーご夫妻、後方にお肉を焼いた暖炉がある
           21:00 部屋に戻り最後の夜をのんびり過ごす。明日は3:40のモーニングコールで起床

  7/20~21 4:30 ホテル出発、ツェルマットからフィスプまでタクシー、始発電車(IC)でフィスプ→チューリッヒ空港

 オーストリア航空で、チューリッヒ空港→ウィーン空港→成田空港、JRで成田→東京→京都着12:41・・・東京も☂

【後記】 2011/9/7
 TMRは、頼りになるガイドのSさんと優しいAさんのお蔭で、今迄で一番思い出に残る素敵な山旅が出来ました。
 毎日が発見と感動の連続で、予備知識の多いTMBよりはるかに面白い山歩きが出来たのも理由のひとつです。
 今年の7月は安定しないお天気で心配したにもかかわらず、ここぞという日は晴れが多くてラッキーでした(^^♪
 いつも一緒に山歩きをしてくれる妹と2人で、気軽に自由行動が出来たのも良かったです。また行きたいな~☆

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック