立山室堂~雄山~富士ノ折立 2019年8月9日2019年08月09日

今朝は5時起きで、涼しい間に雄山まで登ります。強い勢力の太平洋高気圧のお蔭で、今日も素晴らしい晴天(^^♪

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   雄山一等三角点(2991.6m)から、北アルプスの大展望

             富士ノ折立(2,999m)から、剱岳(2,999m)と、氷河が発見された内蔵助カール

               ミヤマアキノキリンソウ・・・立山は、もう秋の花が咲き始めていました

【行程】 ☀ 室堂の気温は19℃、平年より高い ※ゆっくり展望を楽しんだのでコースタイムは参考になりません
室堂山荘5:50~6:45一ノ越7:05~8:20雄山8:45~9:15大汝山~9:30大汝休憩所(昼食)10:10~10:18富士ノ折立10:35
~11:00大汝休憩所~11:25雄山(休憩)11:45~12:30一ノ越12:40~13:50室堂山荘(入浴)15:00
~15:10室堂ターミナル(高原バス)15:25→16:10美女平(立山ケーブル)16:15→16:22立山(蕎麦、富山地方鉄道) 17:30→18:40JR富山(はくたか571号)19:16→19:38JR金沢(駅弁、サンダーバード48号)19:47→22:02JR京都
  ☆山座同定は、山と高原地図、雄山山頂の方位盤を元に推定しました。間違いはご容赦ください<(_ _)>

5:00 起床、小屋のベンチで朝食用に頼んだお弁当を食べる。20人程のツアー登山のグループが先を行かれた。
5:50 室堂山荘を出発、「懺悔坂」と呼ばれる石畳の道を、一ノ越まで登る。山の北西側の道は日陰になり寒いくらい
今日の登山コースは、室堂平(2,450m)、一ノ越(黄↓)、雄山(赤↓)、大汝山(緑↓)、富士ノ折立(青↓)の往復です。

 荷物は室堂山荘に預けたので、日帰り装備で楽々(^^♪ 1ヶ所だけ雪渓を渡るが、雪は締まっていて歩きやすい

         クモマグサ・・・登山道の脇にいっぱい花が咲いている。他の花は明るい下山の時に掲載

              6:30 祓堂、間口140cm、奥行き110cm、ここから雄山神社の神域に入る

6:45 一ノ越(2,705m)に到着、室堂平と大日三山、此処は十字路になっていて、雄山⇔五色・浄土、東一ノ越⇔室堂

           一ノ越山荘の横から、東一ノ越側を展望・・・素晴らしい眺めに笑みがこぼれる2人

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                 笠ヶ岳(2,897m) 、手前は雲ノ平・・・1997年に行った別天地(^^♪

                     槍ヶ岳(3,180m) 、穂高連峰、手前は野口五郎岳

           燕岳(2,763m) 、大天井岳(2,922m)、手前は、烏帽子岳など裏銀座縦走路の山並み

7:05 展望を楽しんだ後、有料トイレをお借りして一ノ越を出発、朝食中に見たツアー登山のグループが先を行かれる
登りは赤、下りは黄のペンキマーク、芦峅寺と文化交流があるネパールの人が、登山道を整備してくれているそうだ

  7:25 二ノ越の祠、風がなくて暑くもない山日和、来ていない10年の間に登山道は判り易く、歩き易くなっている

                                チシマギキョウ

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
二ノ越から、岩峰の龍王岳(2,872m)と一ノ越山荘、東一ノ越~タンボ平~黒部平へ下る登山道、左後方は次の写真

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
 赤牛岳(白↓2,864m)、乗鞍岳(シルエット)、笠ヶ岳(赤↓2,897m)、黒部五郎岳(緑↓2839.6m)、薬師岳(黄↓2,926m)
 五色ヶ原(水色↓)、獅子岳(青↓2,741m)・・・若い頃に歩きたかった立山~薬師岳~太郎平~折立縦走は叶わず

                      タカネツメクサ・・・岩場で固まって咲いている

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
  室堂平のみくりが池とみどり池、左から大日岳(2,498m)、中大日岳(2,500)、奥大日岳(2605.9m)、後方は富山湾

                   7:45 三ノ越に到着、雄山神社の授与所が見える(*^_^*)

                    三ノ越にある祠とお地蔵様、右後方に剱岳も見えた

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
どっしり構える薬師岳と五色ヶ原の高層湿原、五色ヶ原山荘の赤い屋根が見える・・・五色ヶ原までなら歩けるかな?

              最後の急な登り・・・龍王岳と浄土山の後方に加賀白山(2,702m)が見えた!

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
   雲海の向こうに、八ヶ岳(青↓)、富士山(赤↓)、南アルプスも遠望 ※日本三霊山を展望出来てラッキー♪

          8:20 雄山一等三角点(2991,6m)に到着、朝早くに登ったので、登山者は比較的少ない

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
         南側、槍・穂高連峰(赤)、赤牛岳(緑)の後に黒岳(水晶岳)、笠ヶ岳(黄)の左後に乗鞍岳、
         黒部五郎岳(青)、薬師岳(紫)の手前に五色ヶ原(黄)、左下の谷は黒部湖上流東沢谷

   南東側、赤沢岳(青↓)、蓮華岳(赤↓)、針ノ木岳(黄↓)・・・右後方に、八ヶ岳、富士山、南アルプスが浮かぶ

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
  雄山神社(左上、3.003m)、御前沢雪渓、五龍岳(青↓2,814m)、鹿島槍ヶ岳(黄↓2,889m)、爺ヶ岳(緑↓2,670m)

  8:45 今日は雄山神社峰本社に登拝せず、標識を左に下り大汝山に向かう。※五ノ越の祠は鳥居の奥にある

                  雄山~真砂岳~別山の縦走路を一望、奥に剱岳が見える

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                             剱岳(2,999m)をズーム

              左下に、室堂平と大日三山、良いお天気で、富山平野と富山湾も見える

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
  花崗岩がゴロゴロした登山道、富士ノ折立(右)、真砂岳(2,861m)、内蔵助山荘、別山(2,874m)、剱岳の北峰稜線

               富士ノ折立(赤↓)右に、後立山連峰の旭岳(黄↓2,867m)、白馬三山の
               白馬岳(青↓2,932m)、杓子岳(緑↓2,812m)、白馬鑓ヶ岳(紫↓2,903m)

                      9:15 大汝山(3,015m)に到着、立山の最高峰

                      サル又のカールと黒部湖、対岸は針ノ木岳

               9:30 大汝山を少し下って大汝休憩所に到着、雷鳥荘の直営だそうだ

 映画 「春を背負って」 の舞台になった小屋で、写真が展示されている。トイレは有料で、きれいなバイオトイレです

お弁当をほとんど食べなかったのでお腹が空いた!大汝山うどんを注文・・・10種類のお野菜が入っていて美味しい
注文したら男性1人で調理されていて驚いた。私を見て薄味にしてくれたそうです。山で手作りがとてもうれしい~♪

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
       10:10 大汝休憩所を出発、富士ノ折立分岐を右に行き、少しだけ狭い岩の間を登ると山頂です

                10:18 富士ノ折立(2,999m)に到着、大汝山を背景に記念写真\(^o^)/

                 黒部湖に浮かぶ遊覧船が見えた!雪渓もたくさん残っている

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                      黒部ダムをズーム・・・間近に見えて迫力がある

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
   後方から、剱岳、別山、真砂岳、内蔵助山荘の赤い屋根が見える。手前の内蔵助カールには氷河がある
   妹は数年前に内蔵助山荘に泊まっていて、良い小屋だと言っていました。日帰りの軽装備だと無理です^^;

  10:35 富士ノ折立を出発、同じ道を室堂まで帰ります。帰りは花モード・・・大きな雪渓とミヤマアキノキリンソウ

                      ミヤマリンドウ・・・各所でたくさん咲いていた

 11:00 大汝休憩所、側面は石で補強されている! 此処からは登山者が増えて、離合するのに待つことが多くなる

     11:25 雄山に到着、一等三角点にある方位盤の写真を写し、最後の大展望を楽しむ(^^♪ 11:45 出発

  登り、下りの道が違うので、どちらも登山者は多いがスムーズに下れた。小学生や小さなお子さん連れも多い

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   タカネツメクサ・・・花びらが細くて登りの花と違う感じ?

                          イワツメクサ・・・意外に少ない

            12:30 一ノ越に到着・・・疲れた~ 右の緑の斜面にクルマユリが群生していた

                   12:40 出発、クロトウヒレンの花が一つだけ咲いていた

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                             ミヤマアキノキリンソウ

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   祓堂のベンチ広場、雪渓が綺麗です。後方に浄土山

          先程までいた雄山山頂の授与所、緑の山崎カールが美しい、ミヤマキンポウゲの群落

                            望遠でミヤマキンポウゲ

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                        ヒメクワガタ・・・小さくて写すのが大変

                       ヤマハハコ・・・いっぱい群生していて花盛り

                      イワイチョウ・・・たくさんあったが花期は終盤

                      ヨツバシオガマ・・・この花も終盤で背高ノッポ

      雪渓から一ノ越と雄山・・・懺悔坂を登って行くツアー登山のグループ、午後からの登りは暑そうです!

              昨日であった富山の小学6年生が下山中・・・緩んだ雪で滑る子供が続出

                     ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   モミジカラマツ・・・蕾から開花したものまで、ちょうど見頃

                   ハクサンボウフウも見頃・・・別山と雷鳥坂の登りが見える

                   コバイケイソウ・・・終盤だが、今年もたくさん咲いていた

                チングルマの種・・・もうすぐしたら綿毛になって飛んで行くのかな

                             ミヤマダイモンジソウ

                                ミヤマガラシ

                 ミヤマキンバイ・・・地面に這うようにいっぱい咲いている(^^♪

                               クロクモソウ

13:50 立山室堂山荘に到着、宿泊者はお風呂に無料で入れるそうです。※立山は雄山、大汝山、富士ノ折立の総称

15:00 室堂山荘を出発、荷物が重くなり大変^^;アルペンルートの乗客は多いが臨時が出るので立山まではスイスイところが平日は富山地方鉄道の本数が少なくて、立山駅で1時間10分の待ち合わせ!休憩所で私はソフトクリーム
妹は白えびてんぷらうどんを頂きます。発車10分前になると改札は凄い人で、道中座れない乗客も居られました!
JR富山駅でサンダーバードの指定席を頼んだら満席!結果自由席の座席確保に苦労したので、次回の反省に・・・
富山駅のホームは暑かった^^; 夕食は、富山のますの寿司と缶ビール、通路まで満員だったのでゆっくりはできない

帰り道は大変でしたが、ぎっくり腰の後、思いがけず立山登山が出来て妹に感謝~♡ 素晴らしい展望に\(^o^)/

コメント

_ 山の休日 ― 2019-08-17 11:56

chikaさん こんにちは
立山登山レポ拝見しました。
白山断念のリベンジを快晴の立山でなされましね

最近は立山を飛ばして雷鳥沢から劔へ向かうことがほとんどだったので
レポを拝見しながら一の越からのきつかった登りを思い出しています。
chikaさんは楽々クリアされてすばらしい展望を堪能されましたね!

レポ中に出てくる北アルプスの山々がとても懐かしく心が震えます。
特に日本の一の山と思っている劔の雄姿には改めて感激しました。

レポありがとうございました。

_ chika ― 2019-08-17 20:33

山の休日さん、こんばんわ
長いレポを見て頂いてありがとうございます。
雷鳥沢から別山乗越への登りは、剱岳に登った時の1回だけですが、
暑い中、重たい荷物を背負ってしんどかったのを思い出します。
雄山の登りは、日帰り装備で涼しい早朝なら、私でも余裕でした。
少しの頑張りで、素晴らしい展望が得られてアルペンルートのお蔭です。

山休さんの日本一は剱岳でしたか!
毎年のように西穂~ジャンダルム~奥穂の縦走をされていたので、
穂高岳が一番かと思っていました。
私は1度だけですが、剱岳の登頂は一大イベントでした(*^_^*)
下山後に、剱沢から見上げた剱岳の雄姿は忘れられません。

今回展望できた山々は、自分が登った山も多いので懐かしさもひとしおです。
北アルプスは、主人が現役の時に登っていて私も若かったですね。

_ かおり ― 2019-08-18 09:37

chikaさん~ お早うございます。

花と展望に酔う素晴らしき夏山レポ拝見しました。弥陀ヶ原に天狗平で途中下車され先ずは
お花めぐりタテヤマリンドウ可愛いです。小屋泊まりだと余裕が生まれて散策も楽しそう。

翌朝の360度の展望山座同定もバッチリ最高ですネ
昔登った山々を違った角度から眺めるのも楽しみのひとつかと思います。
お天気に恵まれ見事立山三座ゲットされ夏山満喫、これだけ楽しまれて
1泊2日とは充実の2日間お釣りがでそうです。

拝見している内に、こちらも行きたくなり体が疼き難儀どす・・・

_ chika ― 2019-08-18 13:00

かおりさん、こんにちわ
長いレポを見て頂きましてありがとうございました。
今日も暑い中を、お二階でお仕事中でしょうか?凄いなあと驚いています。

立山室堂山荘は、相部屋以外は旅館並みの設備が整っていて快適に過ごせました。
アクセスも良いので、かおりさんも是非泊まってください。まるで避暑地~(*^_^*)

山座同定は全く自信ありません。
地形図を熟知されているかおり大先輩の様にはできませんね<(_ _)>
それでも、自分が登った山は愛おしくて、見飽きる事がないです。
今年は夏山長期計画がありませんでしたが、近場でも充実の2日間が過ごせてラッキーでした。

かおりさんの遠征は、いつもあっと驚かされます。
次回は何処からのお便りがアップされるのか~楽しみにしています(^^♪

_ しーちゃん ― 2019-08-19 07:34

chikaさん、レポートをワクワクしながら拝見しました。
天候に恵まれて大展望が素晴らしいです、chikaさんの感動が伝わって参ります。
2日間で雄山、大汝山、富士ノ折立の三山制覇、おめでとうございます。
計画も熟考されたのでしょう。
圧巻のレポート、ありがとうございます。
立山室堂山荘に泊まってみたいです。

昨日は酷暑のダケ道登って倒れそう、気力も無くしそうでした、体力無しです。

_ chika ― 2019-08-19 20:43

しーちゃん、こんばんわ
レポを見て頂いてありがとうございました。
今年初めての北アルプス稜線歩き・・・幸運にも素晴らしい展望に巡り合えました。
ワクワクしている気持ちが伝わって嬉しいです(*^_^*)

立山はアクセスが簡単なので、しーちゃんも是非歩いて下さい。
お天気さえよければ、素晴らしい稜線歩きが楽しめます。

この暑さの中をダケ道ですか! レポを拝見に行きます。

_ 摩耶山さん歩 ― 2019-08-30 12:50

立山行かれたのですね!
素晴らしい景色ですね。
もう

_ 摩耶山さん歩 ― 2019-08-30 12:53

お花も沢山待っていてくれ
よかったですね
コメントが長くなると確認ボダが消えます

_ 摩耶山さん歩 ― 2019-08-30 12:54

新学期が始まりましたら
パソコン購入と考えます
短くなりすみません

_ chika ― 2019-09-01 17:32

てるみさん、コメントありがとうございます。
サーバーの方で何かあったのかも知れません。お手数をお掛けしました。
今年の夏はぎっくり腰の後体調を崩し、立山が唯一の遠征になりました。
稜線で素晴らしい展望に恵まれ、お花もきれいで、山からのご褒美かなと思っています(^_-)-☆

てるみさんの夏休みは、色々お忙しい中にも、摩耶山散歩あり、お泊りありで楽しそうですね。
私はまだ本調子に戻らなくて、近くの八王子山に登ったり、坂本や中部自然歩道を歩いて、
ボチボチ比良に復帰できるよう心がけています。

パソコンを買われるんですね。
私はまだWindows10に慣れなくて、7ばかり使っています!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック