利尻登山・礼文島の旅 2016年6月25日~30日2016年06月25日

6月25日から5泊6日で、北海道の利尻島、礼文島に行ってきました。メンバーは日光男体山登山と同じ4人組です。
初日からハプニング続きで大変でしたが、終わってみたら緊張感のある毎日で、仲間4人で力を合わせて、無事予定通りの登山とハイキングを楽しむ事が出来、良い思い出となりました(^^♪ 登山予備日を設けたのが幸いしました。
利尻山登山が4回目、礼文島は5回目、6月初旬から8月中旬に訪れていて、私の一番お気に入りの場所です~♡
帰宅後、孫たちが熱を出したり忙しく、7月後半には孫たちと信州の旅に出ます。山旅の興奮と記憶の新しい間に、
取りあえず簡単なレポを作り、詳細は後日作成したいと思います。 (2016年7月7日)

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                   長官山から望む利尻山、山頂付近はガスが巻いている

                         礼文島最北のスコトン岬とトド島                        

                         ゴロタ岬からスコトン岬と鮑古丹

                          ハマナスとゴロタ浜、ゴロタ岬

                          澄海岬からスカイブルーの海

【1日目】 6月25日(土) 伊丹 ☁ 新千歳 ☂ 利尻 ☂ 大雨警報
伊丹空港→新千歳空港→利尻空港と、初めて利尻空港直行便を予約しました。あいにく北海道を低気圧が通過し、
利尻空港が視界不良の為、引き返す事もある条件付きの運航となり、2時間45分も機内にいて、新千歳に戻りました

    利尻島上空から写した海岸線と利尻空港・・・この後着陸を2回試みるも、急上昇して新千歳に引き返す
    126席の座席は満席、私も怖かったですが、みなさん同じ思いだったか?引き返すことに異議なしです^^;
    ツアー旅行の方は、添乗員さんが何とかしてくれますが、個人旅行の私たちは、この先どうなる事か?

空港カウンターで説明を聞くと、明日の利尻と稚内行の飛行機は満席で返金もなし、今夜のホテルのあっ旋もない!
JR 札幌駅の観光案内所に行っても、土曜日でホテルは満室・・・自分で電話するようにと、ホテルのリストを渡された
説明を聞いた間に友人が10数件電話したがダメ^^; 後で私が下から電話したら、最初のビジネスホテルがOKでホッ
4ベッドのグランドデラックスファミリーが空いていて、救いの神が現れたみたい・・・ホテルマイステイズ札幌中島公園
の、きれいで広々した部屋と、お洒落なバスルームを見て、今日一日苦労した疲れが吹っ飛びました(*^_^*)

地下鉄南北線で、二駅戻りすすきの駅で下車、土曜日なので多くの人で賑わっている。レストランプラザ札幌内の、
鳥焼車屋札幌店で遅い夕食、20時15分・・・生ビール、串焼き、おでん、どれも美味しくて、食べると幸せになります♡

【2日目】 6月26日(日) 新千歳 小雨 稚内 ☁時々☀ 利尻島 ☁時々☀ 強風

    今日は予定を変更して、札幌駅からJR特急スーパー宗谷1号に乗り、5時間かけて稚内駅まで行きます
    宗谷本線は初めてなので、車窓風景が楽しみですが、昨日はフェリーも欠航したので、それが心配の種
    飛行機で一緒だった男性グループは、昨夜の内に夜行バスで稚内へ移動されたそうです。

    JR稚内駅に到着、日本最北端の駅と線路、ダウンを着るほどの寒さで、利尻こんぶそばを食べて温まる
    利尻島行フェリーの出発まで3時間半もあるので、ANAクラウンプラザホテルでお茶(^^♪の~んびりする

昨日の飛行機で一緒だったツアー旅行の団体さんは、JRだったり、チャーターバスだったりして、同じフェリーに乗船
2日がかりで、何とか利尻島に行けそうです。日本百名山一筆書きの、田中陽希さんのサインがありました(*^_^*)

【3日目】 6月27日(月) ☁のち☀ 気温は10℃以下 午後になるほど北西の風が強くなる

今日は、利尻山鴛泊コースを往復、標高差は約1,500m、登り5時間半、下り3時間半、予報通り気温が低くて寒い!
5:00 ペンション群林風さんの送りで、利尻山北麓野営場を出発、今日ツアー登山のグループはこの1組だけでした

  登山計画書はペンションに提出、助言で2リットルの水を持参した。最初は緩やかな道です。 オオアマドコロ

                  5:45 四合目野鳥の森は、エゾマツ・トドマツの針葉樹林帯

                       ダケカンバの林床に、マイヅルソウが群生

7:00 六合目第一見晴台から礼文島が見える。後で聞いたら、今日は150人が入山されたそうだが、登山道は静か!

7:30 七合目胸突き八丁、ダケカンバ・ミヤマハンノキのトンネルと大岩の道、今日は寒いので、登りは比較的楽です

        オオバナノエンレイソウ、マイヅルソウ ※ザゼンソウの花が終わったものがたくさんあった

    8:30 八合目長官山、ここまで登ると利尻山が目の前に現れる・・下山時の展望を期待して先を急ぐ

 8:50 寒いので利尻山避難小屋の中で朝食、9:20 少し登ると利尻山の崩壊地が見えた。黄色い花はウコンウツギ

                   ミヤマアズマギク・・・7月に咲く花でここだけ開いていた

                       9:43 九合目、携帯トイレ用のトイレブース

         この辺りから花が多くなり、エゾノハクサンイチゲが、純白の花をいっぱい咲かせている

                    ※click!のある画像は拡大してご覧いただけます
                           エゾノハクサンイチゲの花と蕾

                  10:25 沓形コースと合流、右からの強風で飛ばされそうです

                   山頂手前の火山礫の道は整備されて、前回と大違い!

3回の利尻登山は、2001/7/9、2006/8/11、2007/7/24、今回は6月で、ほとんどの花がまだ蕾です。コケモモの蕾

                              キバナシャクナゲ

    ホソバイワベンケイの蕾、九合目を過ぎた辺りからガスがかかり始めて、花はしっとり露に濡れている

                              チシマキンレイカ

                      イワウメ、頂上直下の岩に一面群生している

                               イワヒゲの蕾

11:00 利尻山北峰(1,719m、南峰1,721mは登山禁止) ガスで360度の展望はない^^; 展望のない山頂は初めてです
他の3人は、2回目の利尻山挑戦で、2人は荒天で途中撤退だったので、登れただけでも良かったけど、ちょっと残念

ガスが流れてぼんやり見える急斜面に、エゾノハクサンイチゲが一面に咲いていて、5月下旬の礼文島桃岩の様!

                    下山時は、ますます風が強くなり、崩壊地は慎重に

    12:00 九合目の少し上でガスが切れて、長官山と姫沼、鴛泊のペシ岬や利尻空港などが見えてきた
    12:55 利尻山避難小屋で昼食、ここにもトイレブースが設置されている。日差しが出ると暖かい~♪

                              キバナノコマノツメ

                           タカネナナカマドの花と蕾

           一昨日着陸できなかった利尻空港と礼文島、礼文島の上だけ雲がかかっている

              13:27 八合目長官山、雪渓と緑の利尻山が美しい。山頂部は傘雲が覆う

     下山時は日が当たり明るい八合目、8人ほどのグループと相前後するようになり写してもらう

 木漏れ日が眩しいダケカンバのトンネル、午後から風がどんどん強くなり、寒いのでほとんど休憩なしで下山する

14:48 六合目第一見晴台、良いお天気になったが、展望地は強風で長居はとてもできない。ペンションに電話連絡
16:25 利尻山北麓野営場、休憩を含めて11時間25分もかかり、私の最長記録!後から次々下山者が来てホッと!

   16:51 群林風(ぐりーんういんど)に到着、2人は利尻富士温泉に送ってもらったが、私は疲れたのでパス^^;
   群林風は2001年にも泊まっていて、大好きな宿です。田中陽希さんも利尻登山の時に宿泊されていました

夕食は、2日とも利尻島の食材がいっぱいのお料理で、とても美味しかった。予約が必要な雲丹のパイ包みスープ

【4日目】 6月28日(火) 利尻島 ☀ 礼文島 ☁のち☀ 穏やかな良いお天気

9:20 利尻島鴛泊港からフェリーに乗り、10:05 礼文島香深港に到着、利尻島は良いお天気で、緑のペシ岬が見える

                    利尻山の山頂部が、初めて姿を現してくれました♪

        港からペンションの車で、北のカナリアパーク経由で、礼文島最南端の知床まで送ってもらう

10:45 知床出発、桃岩歩道を歩く、オーナーさんの助言は、元地灯台までは写真を撮らない様に・・・ミヤマラッキョウ

     ベンサシの花園は植生回復のため立入禁止でした。11:35 元地灯台、利尻島はほとんどが雲の中

 元地灯台から礼文島の北側の展望、礼文岳付近は厚い雲がかかるが、桃岩歩道は薄曇りで、歩くには快適(^^♪

私は5月下旬から6月初旬の礼文島が一番好きです。利尻山は残雪で登山は無理ですが・・・写真はヒオウギアヤメ

                 桃岩と元地海岸・・・赤い屋根が、有名な桃岩ユースホステル

 つばめ山からキンバイの谷に下る。チシマザサとお花畑の気持ちの良い遊歩道です。12:30 キンバイの谷で昼食

                  レブンウスユキソウを発見、まだ蕾で7月になると咲き始める

                      レブンキンバイソウ・・・この時期の主役の一つ

                       キンバイの谷に咲く、レブンキンバイソウ

                              ギョウジャニンニク

                             エゾニュウの紅い蕾

                      チシマフウロは時期を変えて花を咲かせる

  今の時期はセリ科の花が多く、オオハナウド・オオカサモチ・エゾノシシウドが満開・・・オオカサモチの花と蕾

                 イブキトラノオ・・・これからもっと花穂が大きく立派になります

                      エゾニュウの咲き始めと、後方にオオカサモチ

               センダイハギ・・・少し終わりかけで下の方は、豆のさやが出来ている

             この時期の主役、大型のヨツバシオガマ ※レブンシオガマとも呼ばれる

                     緑の絨毯にお花畑、向こうに見えるのは猫岩

                      レブンキンバイソウ、チシマフウロのお花畑

                     レブンウスユキソウ・・・この花が一番開いていた

      桃岩展望台が近くなると、良く晴れてきて海の色も明るく見える。イブキトラノオ、チシマフウロ

                      レブンシオガマ、オオカサモチ、イブキトラノオ

                    桃岩と風に揺れるイブキトラノオ、セリ科の白い花

13:48 桃岩展望台から桃岩、猫岩・・・レンジャーハウスまで下ると、観光バスが次々到着して、観光客が登ってくる

車道を歩いて、14:25 礼文林道元地側入口から、レブンウスユキソウ群生地に行く。時間が遅いので大急ぎで登る

                  レブンウスユキソウ群生地の花は、とても小さくて蕾が固い

                       見晴台から元地海岸の地蔵岩を見下ろす

                          香深に下る車道のオオハナウド

16:15 ペンションうーにーに到着、礼文温泉うすゆきの湯に送ってもらう。18:30 夕食、馬糞雲丹をご飯に乗せて頂く

【5日目】 6月29日(水) ☀ 北西の風が強い

ペンションうーにーは、礼文島で一番好きな宿で、ほとんど毎回泊まっている。朝食の時に、ダメ元で石堂ハイヤーを
頼んだら、偶々OKを貰う!この旅の出発前に電話していたが、礼文島は観光タクシーが多くて、中々つかまらない

8:20 ペンションを出発、赤岩付近で停車して貰って、利尻山と岩礁の青い海を写す。今朝は利尻山が綺麗に見える

                 久種湖でも停車、遠くに礼文岳が見える。ハマナスが可愛い

    9:00 礼文島最北端のスコトン岬、トド島と先端の展望台、右下が民宿スコトン・・・ここも2回泊まった♪

                  岩礁と抜けるような青い海、今日は素晴らしいお天気です

  9:40 今日は岬めぐりコースを歩く。下は鮑古丹とゴロタ岬。下り始めると早速、礼文島の強風が迎えてくれる

         ゴロタ岬の登りは、本日最高のお花畑で風もない(^^♪ レブンシオガマ、オオハナウド

                           エゾカンゾウもちょうど盛り

                        レブンシオガマ・・・幹が太くて立派!

                       エゾカンゾウ・・・オレンジ色が良く映える

       11:03 ゴロタ岬、蒼い海と素晴らしい展望に感激・・・登ってきた道とスコトン岬、トド島、鮑古丹

              これから歩く道とゴロタ浜、右奥に利尻山が見えている。左は金田ノ岬

  気持ちが良いので、ゴロタ岬で20分ほど休憩、今日はスコトン岬から歩く人が少ないみたいで、4人で独占(^^♪

             11:20 出発、ここから30分間、右側から凄い風を受ける!チシマフウロの群生

               エゾカンゾウがいっぱい・・・風のおさまった所で一息いれてまた歩く

11:50 やっと下まで降りてきた^^; この階段の上部は柵が壊れていて、地面にある柵を持って這いつくばって歩いた

             エゾノシシウドとゴロタ浜、海岸近くに生育し、セリ科の中では小さくて可愛い

                          ゴロタ浜の青い海とゴロタ岬

                          ハマナス、ゴロタ浜と稲穂ノ崎

                 ハマナス・・・今日はいっぱい咲いていて甘い香りが一面に漂う

           ゴロタ浜のさらさらの砂・・・今日は風が強いので、穴あき貝は拾わず、車道を歩く

                                シロヨモギ

                             エゾカワラナデシコ

              海岸のハマナスとゴロタ岬、風の強い斜面には背の低いハマナスが生育

12:40 何処も風が強いので、礼文島のコース案内板がある入りこんだ所で昼食、うーにーさんのおにぎりが美味しい
13:22 鉄府漁港とゴロタ岬、ここにトイレがある。少し先に澄海岬入口の標識、道は背の高い草が生い茂り歩きにくい

                    背の高いエゾニュウ、この後また強風が吹き荒れる

            稲穂ノ崎と登山道、この直前吹き飛ばされそうになって左手で必死に支えた!

                           西上泊と8時間コースの道

       ピンク色のハマナス・・・前回もここで見たが、その時は禿の道にハマナスだけが生えていた

13:54 西上泊神社、浜中と澄海岬の分岐でタクシーの運転手さんに電話したら、もう澄海岬の駐車場に到着との事

              少し待って頂いて、澄海岬展望台に行く・・・右上が先程歩いた強風の道

                           稲穂ノ崎と遠くにゴロタ岬

14:15 澄海岬を出発、親切な運転手さんでラッキーでした。雲丹むき体験の所にあったバイクのナンバープレート♪

14:53 ホテル花れぶん、8階の角部屋で利尻山が見える(^^♪ 展望大浴場に入りの~んびり、写真は2Fロビーから

18:00 夕食、豪華なお食事で、ボタン海老・ヒラメ・真ダコのお刺身は絶品、最後の宿でのんびりできて良かったです

【6日目】 6月30日(木) 礼文島 ☀ 最終日のお天気が一番良かった 羽田 ☁ 伊丹 ☁

     3時過ぎに目が覚めて外を見たら、三日月と利尻山のシルエットが綺麗です。外に出て写真を撮る

                       3:57 ホテル前の漁港から日の出を写す

             朝焼けのホテル花れぶん、朝風呂に入り、ゆっくり朝ごはんを食べて出発

                 香深フェリーターミナルで、花の妖精あつもんと記念写真(*^_^*)

  8:45 香深港からフェリーが出発、恒例の桃岩ユースホステルのお見送り風景・・・遠い世界に旅に出ようか~

           フェリーは空いていて、波も穏やか・・・甲板でゆっくり利尻富士を眺めて過ごした

帰りの飛行機は、稚内空港→羽田空港→伊丹空港と順調に飛んだ。男体山に続いてのハプニングにちょっと驚き!
飛行機は引き返したが、利尻山に登れて、礼文をハイキングし、毎日美味しいお食事を食べて、贅沢な6日間(*^_^*)
利尻山登山以外は、もう少しのんびりする筈だったので、それが心残りです。家に着いたら疲れが出てぐったり^^;
次回があるなら、10日間くらいは滞在してみたい利尻・礼文の旅です~☆ 


コメント

_ しーちゃん ― 2016-07-09 17:48

chikaさん、おかえりなさーい。
4人様、タフですね、さすがは比良でトレーニング摘まれた実績でしょ。

初日のハプニングでは、か弱い4人がおられて心強かったでしょう。
利尻山、美しい姿ですね。
11時間25分の登山ですって、びっくりです。強風の中をよく下られましたね。

4日目、5日目は礼文島のトレッキングでしょう!すごい体力持っておられますね。
厳しい自然環境の斜面に咲く高山植物たち、健気ですね。
お天気良くてお花と戯れて、最高の旅でしたね。
レポート拝見して楽しかったです。
ありがとうございます♡

_ ヨネちゃん ― 2016-07-09 22:36

chikaさん、今晩は!
先日、北海道の事を話されていましたがこのことだったのですね。。。
5日間の山あり花ありの旅、お疲れ様でした。
レポ拝見して青い空や青い海と緑が綺麗で沢山の種類の花にビックリです。
殆ど知らない花ばかりですが、日本の広さを感じます。
花の好きなchikaさん達にとって最高の旅になったと思います。
これからはこちらは低山では暑いばかりですが数少ない花を求めて近場を歩いて
満喫しようと思います。
では又で~す✿

_ chika ― 2016-07-09 23:24

しーちゃん、長いレポを見て頂きありがとうございます。
利尻島で3連泊の予定で、登山予備日を設けたのが幸いしました。
3人が希望していた利尻山に登れて、ホッとしています(*^_^*)
利尻富士は、どこから眺めても本当に美しい姿をしていますね。

普通は9~10時間で登れるのですが、私たちは下りに相当時間を使いました。
下山時の事故が多いので、やはり慎重になりますね。

花の礼文島は、何度行っても心ときめく素敵な島です~♡
霧がかかることも多くて、その時は花がしっとり、緑の絨毯も幻想的です。
今回は晴れて展望と、蒼い海がとてもきれいでした。

しーちゃんは復活後、暑さにも負けず頑張って歩いておられるんですね。
先程レポを拝見しました。明日は孫と外出なので失礼します<(_ _)>

_ chika ― 2016-07-09 23:50

ヨネちゃん、こんばんわ・・長いレポですみません。
簡単にと思いながら、山にも花にも思い入れが強くて、写真満載になりました^^;
利尻・礼文の花は、日本アルプスに咲いている花と似ていると思いますが、
気候が厳しいので、花数が多く、花が立派で見栄えがします。
北海道はお花がいっぱい、美味しいものもいっぱい、温泉がいっぱいなので、
私には合っているようですね(*^_^*)

友人との山旅は、私が独断で計画するので、ハプニングが起こると大変!
今回も、4人それぞれ得意分野があるので、助け合いながら乗り切りました。

ヨネちゃんは、暑い夏もお花を求めて歩かれるんですね♪
ネット仲間さんの掲示板で、お花の情報と写真を楽しみにしています。
私は、孫娘に高原の魅力を伝えたくて、夏休みに家族旅行です。

_ かおり ― 2016-07-11 23:39

chikaさん~ 今晩は。

利尻山と礼文島登山と花巡りの長旅、お疲れ様でした。
初日の思いがけないハプニングにビックリなさったことでしょう。幸いにも予備日が設けられ
JRで一日遅れの利尻島入り、ホッとされたことかと思います。
標高差1500mの利尻山登山、皆さんの凄い頑張りにビックリです。緑の山肌に白き雪渓が
鮮やかに映えて、イワウメ、チシマレイカ、キバナシャクナゲ等々の花々に迎えられ山頂へ
生憎ガスに覆われて展望が見られなかったのは残念ですネ

礼文島の花巡りはレブンウスユキソウ、レブンシオガマ、イブキトラノオ、ハマナスなどお花のパレードですネ・・・本土だと2000~3000峰で見られる花々が平地で見ることができるのですから
花の礼文島として人気があるのも分かる気がします。
それにしても碧き海に浮かぶ三角錐の利尻山超かっこいいです。
登頂されたchikaさんも凄いの一言どす。

_ 摩耶山さん歩 ― 2016-07-13 04:23

雨音で目が覚めました。おはようございます。
無事行って来られ なによりでした。
ホテルのあっせんもないなんて、意外でした。
ハプニングも無事乗り越え 美しい島二つ 満喫されたようですね。
ほんとに、美しい、美しい景色 お花たちですね。
何度も行かれるのが お写真でもわかる気がします。
お孫さんたちも成長され 自由時間を確保できるようになられたようですね。
私もそれなりにですが 後に続きたいものです。
すてきな 素敵な 礼文 利尻をありがとうごございました。

_ chika ― 2016-07-13 11:49

かおりさん、週末の伊吹山夜間登山は止められたそうで、残念でしたね。
コロコロ変わるお天気に、私の方は山の様な洗濯物に苦労しています^^;

利尻・礼文のレポを見て頂きありがとうございました。
長官山から見る利尻山は、雪渓が映えて今回が一番きれいだったかもしれません。
山頂付近のお花畑は、雪道を歩く事なく、初夏の花が見られてラッキーでした。

かおりさんが言われる通り、平地で高山植物の群落が見られる礼文島は、
観光客に大人気・・・私もまだまだ、行く機会が有りそうですね(*^_^*)

島自体が山と言われる利尻山、かおりさんなら海抜0メートルからの
利尻山登山が出来ますね~健脚の方に人気だそうです。
泊まったペンションも、島の人たちも皆さんとても親切なので、
何度でも行きたくなる、最北の離島です~☆

_ chika ― 2016-07-13 12:09

てるみさん、こんにちわ、今朝の雨は凄かったですね!
そろそろ梅雨が明けるのでしょうか?

利尻・礼文の長いレポを見てくださってありがとうございました。
ANAのカウンターで説明を受けた時は、どうなる事かと思いました。
札幌の案内所では、○○の湯の様な銭湯で、深夜料金を払い雑魚寝すると言う、
私には考えられない提案を受けて、皆さん動揺しましたが、話している間に、
ANAの待合室で寝てもいいなあ~ぐらいに肝が据わりました(笑)
海外でなくて、言葉が通じたら何とかなるので、個人旅行はまだまだ続けます。

孫の手伝いは、普段は毎日しているのですが、ダメなときはダメと割り切っています。
娘も、行きたい時は前もって教えてね、と言う感じで送り出してくれるので安心です。
自分の年齢に応じた山や旅を、これからも楽しみたいと思っています。

てるみさんも、リハビリが終わったら、思い切ってお出かけ下さい。
梅雨明けとともに、夏山シーズンが始まりますね(^^♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック